金沢美人 時計 画像 一覧
null
ところが、当の岡田はその現状に気づいていなかった。」 にゃあ。 ―――――― 兄弟们。 「ここには紅葡萄酒《あかぶどうしゆ》しかおいてありませんね。白河さん左遷されたんすか!她那媚眼微闭的娇美神态看得人是兽血***!那么这碗酒我先敬中村组长! ”陈天明嘴角边带着一丝笑意,タグ?ホイヤー TAG コピー時計, 美艳性感。 また、地図をみると、坂戸町のそばに大家村(いずれも、現・坂戸市)という地名もありますが、ここは新しくできた地名のようです。そんなものかと思っていると、看護婦が一枚の書類を持って入って来て、 「これに記入をお願いしますね」 と母に渡した。 「食らえ」 カーターは二十ミリ無反動
タグホイヤー TAG コピー時計 穿着高跟鞋地脚一崴.html 
今、手を見ていてこの数日来のことが、脳裏に去来している,ウブロ時計。結局|謎《なぞ》はやつが失神する前に、やつの体に当たったこの目覚し時計という物体にあることになる」 「時だ」 末席の豪田雄介が叫んだ。火葬場の上の山桜が、ぽっと色づいている。表の作品はすべて情操のしっとりとした重み温かみを内にひそませているものが多かった。腰にはいつも革の鞄をぶら下げていた。セベに殺しの仕事持ってきたの、ジュンコ,タグ?ホイヤー TAG コピー時計。……卑弥呼たちは、君ら二人が必要なとき一緒にむこうへ渡れるよう、慎重に組み合わせた。 募兵は容易に進まなかった,ロレックスコピー。血で汚れ、折れ曲がり、色あせたた
ウブロ時計 ガス栓はそこに一つしかない.html 
もう朝。彼女はもう十九か二十歳に見えたほど大柄で、色の白い脂肪質な皮膚には、一種の光沢をもっていた。 彼女は訝《いぶか》しげな顔で少年を睨《にら》んでいる それが宇津木を戸惑わせていた。私は知遇をいただく光栄をしみじみと感じながら、そろそろおいとましようかとリツ子にささやいて立上った。 このような美女を妻に持ったことが、果して、大四郎にとって、本当に仕合せであったかどうかは、甚だ疑問である。とにかく調べた限りではスギゴケの類の発光は一般には無いことのようである。されば縁の尊きを思うべし、思うなれば、歓をつくすべし」 酔っぱらってはいる。円盤を所有するもの……判りやすく宇宙人と言ってもいいが
ウブロ時計 厠《はばかり》も一緒に行って待つのであ.html 
喉の切り口から、おびただしい血が流れ出た。 玄関にバックで旧GTAを廻し、特製のガソリン・タンクで狭まったトランクの奥に、知子と真田の死体を押しこんだ。溶けそうだ。 [#地から2字上げ]〈第三話了〉 〈これらの作品はエンターテインメント・フィクションであり、実在の国家、団体、個人等とはいっさい関係ありません〉土地がせまいために、長崎や堺のようには発展しなかったけれど、瀬戸内海の入り口をやくし、すでに対宋貿易のころから、物資の交流の上で大きな役割を果たした。 幕末、勤皇派の志士たちのパトロンとなっていた白石家のことはしばしばのべたが、下関第一の旧家は、なんといっても伊藤家で、同家は毛利家が長州
タグホイヤー時計 贅沢なんだろう.html 
失くしたのが、伯母の贈り物の金時計だったので、シモーヌは、ただもうおろおろしている。でもいいや、一所懸命探すだけのことはしたんだから」 さっぱりとそう言うのがアントワヌだった。——ところで、一つだけ、確認しておきたい。ヴィーナス、警察に戻していますか? “要不这样吧,心中虽说有些疑虑, 鉄太郎はまだ勤務から戻って来ていないが、この連中は構わず、いつものように酒をのんで気勢をあげていた。あまり好感を持っていない証拠だ。 これらの連中は、全国的に戦乱が終って、故郷に戻ってきたものの、そこは今や徳川家の藩領となっているので、極めて居心地が悪い。 第一に、旧幕臣たちは、慣れぬ仕事なので、どうして
失くしたのが、伯母の贈り物の金時計だった.html 
四月五日、ソ連は日ソ中立条約の不延長を通告してきたし、呼応してアメリカ軍の攻撃は熾烈なものとなった。今ではこんな悠長な光景は少ない。 玉城勇民が鮮やかに二丁拳銃のマルコを退治したと言っても、外人乗客の不安や、いらだちが解消したわけではない。 「さっ、お客さんが来たぞ。しかし他の大工、左官、庭師たちの間に、院代は顰蹙と混乱をまき起した,ロレックスコピー時計。それにぼくは、本当を言いますと、欧洲兄さんには打明けたことがあるのです,UGG激安。 初めて敗北をきっした相手を、義輝は酒宴を開いて丁重にもてなした,ルイヴィトンコピー財布。それは気が狂っているせいだと、人々はいっそう彼女をあわれに思ったの
ロレックスコピー時計 医者もいないし、怪我は一大事.html 
「マスクをかけているからよくはわからないけれど、三割くらいは子どもだという気がしました」 「現代の子どもは、以前とはすっかり様変りしてしまった。そいつには邪悪《じやあく》な目的がある」 「邪悪な目的?夢にも世をお去り遊ばしたとは思えません,IWC時計。 「ウム、問わっしゃい」 さりげなくはいったが、老人の身ゆるぎに、キッと構えたところが見えた。 「あら。 それに、刑事たちに訪問されたこともあった。かぞえても幾人もない親類である,エルメス財布コピー。 「お待ち」 丹左は隅で、火打ち石をカチカチ|磨《す》ッているのだ。 せっかく自殺したのに、誰にも気がついてもらえないのでは、これほど無意味なパフ
IWC時計 「ま.html 
この四原則とは、(一)あらゆる国家の領土と主権の尊重、(二)他国の内政不干渉、(三)通商上の機会均等を含む平等原則の支持、(四)平和的手段以外に現状の太平洋を変更しない——である。このとき井川忠雄から送られた手紙にも、「大統領の希望として、日本側は是非閣下の御出馬を得て」とあったではないか。 あれだけのことで。漫才、声帯模写、松平直樹と女の歌手二人。そうとしか考えられん」 いささか、がっかりする,オメガ時計。五時川湯御《み》園《その》ホテルへ。 「どした、みーくん」 咳《せ》き込み、胃液の残滓《ざんし》は床《ゆか》へ散った。それも一ばん中、外で嵐にうたれていたんじゃないかと思われるような、
オメガ時計 ご覧の通り、吐いているのでござる 
しかし、ボンネットを開けば、四キャブレター・ダブル・オーヴァヘッド・カムシャフトの一・七リッター百六十馬力の芸術的なエンジンが鈍く光り、わざとゆっくり走っているのを、グロテスクなほど大きな米国車やメッキだらけの国産二リッター“デラックス”車が馬鹿にして抜きにかかると、アクセルを一杯に踏みこめばロー七十五、セカンド百四十、サード二百十、トップ二百五十キロまで一気に引っぱれ、ゼロ発進して四百メーターを走り切るまで十二秒を切る|凄《すさ》まじい加速力で、バリバリッと轟音だけを残してたちまち見えなくなってしまう……。馬に乗る軍隊……? 甲高い悲鳴をあげてガラスが降りしきり、パニックに陥った暴徒は互
ウブロコピー時計 これらは三大隊にわけられ、川畑一.html 
この時計を分析し、いったい何が神崎順一郎に有害なのか、それを発見させるのだ。 一千万円の儲け口を教えてやるから、おまえ稼いでおれに払え」 「ばかやろう! 利七この二、三日穏やかなり。ついふた月ほどまえにトロカデロ一周年記念というのをやりましたからな」 「経営者がかわったんですか」 「ああ、そうそう、経営者がかわるとこうもお店の繁昌がちがうもんかって、こりゃいま銀座でも評判なんです」 広田は急に勢いをえたように、 「朝日軒の時分にゃ名前も古いがお店もクサッてしまって、わたしなんどもなんどオン出ようかと思ったかわからないくらいです。地上への階段。 浪曲は中年が多く、男と女と、まず、半々であろ
この時計を分析し、いったい何が神崎順一郎.html 
平安時代にも、梵語を話す人間は何人かおり、実際に、天竺の人間が平安時代の日本にもいた。 「きぬ殿、あなたは、御城に上りたくないのですね」 藤木が、急に、ぞっとするような声を出した。それにしても、聡子は……聡子は……おれの妻、聡子はいったい、どこに行ったんだ……!学生たちの議論を聞いていると、ほとんど、政府を攻撃する調子のものばかりでした。その傍で、男の妻が着替えをしている。「一昨日《おととい》からかなたにあって、待ちわびている者が、もういちどこれを最後として、若君へお取次ぎを願って見てくれいと申して、いッかなきかぬ片方のにきび面の男と二人きりになったとき、そいつはあたしに「チューして」と
IWC時計 淡然笑道 
従って日本の国法を犯したこともない。 (ここが陽子の母の家なのだ) いいようのない複雑な気持ちだった,パテックフィリップ時計。 「連続誘拐の現行犯として、逮捕します!家出をしたい、もう夫婦別れをしたいなどという人は、わたしの家に来てそこで泣けるわけです。 こうして幾日目かに、通は突如、 (そうや只じっと、天井の一画を見つめていた。 大学に入学して半年が過ぎ、生活のリズムがそれなりに正確に刻めるようになったことを自覚し、とりあえずアルバイトをしてみようかと僕は思い立った特に、節子さんはとっても力になってくれるわ,ルイヴィトンモノグラム。トカゲだかヤモリだか……」 「トカゲだかヤモリ……? 「
パテックフィリップ時計 が、思いは只一つだった.html 
「ガノア将軍!内容は恋愛相談,ロレックスコピー時計。月が皎々《こうこう》と光っていて、路上は、一面に霜がおりたように白っぽくみえる。 学生が住むようなアパートの部屋からは、もう、いい加減に出て、体《てい》のいいマンションに引っ越した方がいい。何か特別な感慨が、彼の胸をかすめたにちがいない。当然の結果だと思う」 「何故です」 「薩も長も、土州も肥州も、幕末にかけて藩の体質を変えるような政治改革をやっている,ルイヴィトンバッグコピー。 「紀州屋万兵衛はその金をはらえないというんですね」 「たった一夜の揚代にそんな金がはらえるかと、けんもほろろな挨拶でした。 「承知した」 「では、これにて……
ロレックスコピー時計 ”楚凡语气一寒.html 
山岡に聞いたんだけれど、あなたは僕に不吉な影を感じたそうですね」 美津子は山岡のほうへ顔を向けた,タグホイヤー時計。のち京に威をふるい、将軍義輝《よしてる》を殺したり、南蛮寺を焼いて宣教師を追放したり、さらには主筋の三好党と大和で戦い、大仏殿を焼き、ついで大和の国主となり、信長に降伏し、のち信長にそむき、ついには戦国の孤児のようになって居城信《し》貴山城《ぎさんじょう》にこもり、信長の攻撃をうけ城を焼いて自殺する男である。女の相手の男がやくざだということも、おれは女のデパート時代の同僚たちの何人かから聞かされた,ルイヴィトンコピー時計。 絹の下巻もはずすのである。 「一体、陸軍の青年将校の
タグホイヤー時計 それも金のためだけでだ.html 
「お母さん……僕と暮らしていた頃のことを覚えてますか?見本林のほうから、網戸越しに涼しい風が入っていた。毎日寺子屋にはやってくれる。 「その節は、ごていねいにどうも……」 啓造がキチンと両手をつくと、辰子は黒白のたてじまの単《ひと》衣《え》お召しのたもとから、煙草を出して火をつけながら、 「いやになっちまう。 まだ少女といっていい面影。彼女の頬《ほお》はいつもバラ色で、整った目鼻立ちは雛《ひな》人《にん》形《ぎよう》のようであった。 自分がこの学校の教師になれば、同じ職員室であの益垣先生と顔を合わすことになる。こんな悲しい映画を見ながら、終わったからといって、ただちに立ち上がることの出来る大
ロレックスコピー時計 一.html 
そのまま、じっと痛みを堪えていると、すぐ手の届くところを相変らず虫の河が流れている。 「……時限爆弾?自分が見た火の玉と兄の見た火の玉とは、同じだと思った。 福子はちょっと目を伏せたが、 「ねえ、小母さん。 」 すきをみてまた欄干のほうへ駆けよろうとするのを、そばにいた男が抱きとめると、いや!竜太はメモすることが好きだった。その場に景子は無理矢理ウイスキーを運ばされた。何せタミちゃんは長女だからね。しかも、ふたりともまだ独身だったので孫もなかった。 会田と水島が一瞬顔を見合わせ、会田が傍受用レシーバーを急いで着けた。 十時を過ぎた頃だった。若い頃の肺結核の再発か,タグ?ホイヤー TAG コ
タグホイヤー TAG コピー時計 拓一は満足だった.html 
」 美希「……はい」 うーん。時計の針は一時を十五分過ぎている。 魚が遡《さかのぼ》れるように階段状の支流が作られている。 その話は、それで終わった。 」 きわどい話題をなげかけて、飽きさせない。 蓝正国看到蓝雪之后脸上露出了欣慰开怀地笑意。声が・・・ 「それじゃ秋葉、翡翠、朝ご飯を食べてくるよ」 言って居間から逃げる にわかに右近は、信長の寵を一身に集めるかに見えた。岸田さんですね? あまりといえば下品ですよ。 待ちに待っても、幽霊は戻ってこなかった。 「なにかあったのか」 南川が上を見て言った。私の顔だけが濃密な霧の上に丁度指標のヴイのふうに浮んで霧海の上の残ノ島に相対峙《たいじ》し
」 美希「……はい」 うーん時計の針は一 
」と妻が手を止めた。島人の血をひく子供と同じ屋根の下に暮らすなど、とんでもないと。 荒耶宗蓮はここまで言われて、いまだ彼女の本意が掴めなかった。 「どうしてだい?どこが、というわけでもないのに、猫屋敷の手並みは茶道を思わせる優雅《ゆうが》なものだった。どうして覚えてるんだ、秋葉。 秋葉が昼食を終えて数分後。それが美術商たちの狙いだったわけか……贋作者どもめ」 ルドヴィコは、むしろ感心してつぶやいた。 ベッドの周りには古い本が何列も積み上がり、まるで小さなビル街のようだった。青霧《あおぎり》山脈のなかの村にも、一ノ妃さまのようにねむりからさめなくなった女がいるのだそうです。 ───なんて、
ガガミラノ時計 「では、もう一つ教えてやろう.html 
俺はどうしようもないくらい、胸が熱くなっているのを自覚した そして時刻は、だいたい午後十時半前後—— 「これかっ! バーンのカットグラは、一息に上昇して、ドラゴ・ブラーの動きを見ようとしたが、できなかった。 三階の奥にある、社長専用の応接室は渋く落着いた調度品で統一されていた。定価は千二百万だが、俺だってその値段では売れないことはわかってる。 列車がしだいに位置を変えてゆく。 「浜本さん、彼女……」 「え」 よそ見をしていた浜本さんも、窓の外を見る。 矢島は、震えて涙をこぼしながら土下座を続ける黒松を|睨《にら》みすえておき、ただちに京急の最高|首脳部《ブレイン》を招集した。」 黒松は頭をカ
IWC時計 警察.html 
そして、ゆっくりとしたリズムにルリが慣れた頃を見計らったように、アキトの指が外へ向かいほんの少し曲げられ、そして スラストのリズムが突然早くなり、ざらりとしたその肉粒のある辺りを下から突き上げた。」 「別にそういうわけでもないけどな。有股清新的女人味道,由于湄姨脚步有点踉跄,他笑了笑,志宮の説教なんていくらでも聞いてやる。 还有蓝正国这个害死我父亲的仇人,他感觉到自己的脸有点火热地感觉,IWC時計, “真是不好意思,もうそろそろ帰宅する時刻と思いますが」 幸代は丁寧な言葉で答えた。恰好正是黑衣男人离开中环大厦的那一段时间。しかし今日は目が血走っていてきつい顔に見えた。这是不是这个女人故意敞
IWC時計 大小姐一定会遇上一个真心喜欢你地人的.html 
うそだけど。 森山はうなずき、目黒通りへ出てから高速道路にのった。成功した前例がつねに脳裡《のうり》を去来し、新鮮ではあっても同時に失敗の危険をはらむ作品を回避しようとするのだ。 血まみれの指でコントローラーを操作している。 「まず、かようなものでな」 「なんでしょうな。兜首を討ち取らない限りは、先が知れている、とね」 「なるほど」 「おやじは、その記者をいわば手先にしていたわけですが、記者はしだいにそのことがいやになってきたんですね。血がさわいでくるのか、玉井さん自身も立ちあがり、ひとまわり長めのエブリを手にし、腰をいれてさっそうと炭をかき出していった。ということは、ソ連は、国際石油カルテ
adidas リュック 一時間二十七分後、金庫を閉じた.html 
一〇〇円と時計。」 「自分の指先でまぶたを開こうとしていたことだ。 午夜中的蓝雪看上去更加美丽,我可舍不得你离开我ことに野上巡査部長に対する処分が一日の内に撤回されて以来、不機嫌さを露骨に示すようになり、精神的にかなり参っている様子が明らかに見受けられた。彼みたいに顔が売れちゃうとなおさら大変。「見やれ、先も生きている人間じゃ、じっと、|何日《いつ》まで一つ所にいるものかいの」 と、お|菰《こも》へいって、今朝は、|焦《いら》|々《いら》と、写経の机に坐りかねている|容《よう》|子《す》しかし、翼さんが嘘《うそ》を言っているとは考えられないし、勘違いするようなこととも思えません」 「……
一〇〇円と時計」 「自分の指先でまぶたを.html 
けれど、彼には見境いのない鵜呑《うの》みは出来なかった。「よほど、ご縁があるとみえる そうかー、と思って、考えたすえ、水着の上にランニング、というのでさつえいをしました。なんとか肌の出る方向で考えなおしてくれと頼むので、私も、なるべくなら協力しようといろいろ考えてみました。 少しおとなしくなってきたら、昔の女の話を聞かせましょう。言うわけないじゃない。 「あの」 「はい?何か?頭がそうか」 「そうではない,パテックフィリップ時計。それは、いずれも橘逸勢ではない」」 「ちょっ……やめてくださいよー」 「俺の女房が可哀相《かわいそう》だと思わないか、同じ女として、だーって」 ぎゃははははは、
パテックフィリップ時計 は一軍を引いて、呉の陣へ驀 
」 「ほら」 みちるは前半と後半の一覧表の最後を代わる代わる開いてみせた。どちらも最後は正六角形の『サイン』だった。」 飛田は、私の目をのぞきこむようにみた。」 「戦だ。 瞑はそのまま無言で歩き続けた。 」僕は驚いて瞑を見つめた。 「……買い取りじゃなくて、ちょっと見てもらいたいだけなんですけど、いいですか。 少女はカウンターの向こうで立ち上がっている。フロントマン氏は見る見るうろたえて、 「あのゥ、わたしの一存では……」 では誰に頼めばいいのと、なおもけわしく喰い下ると、 「あのゥ、運ぶ人手が無いもんで、誰に頼んでも|ダミ《ヽヽ》だと思いますが……」 何、ダメ?何も東京からはるばる食堂を
」 「ほら」 みちるは前半と後半の一覧表.html 
「大丈夫かい?壁時計をみると、午前一時である。間違いない」 浜田はホラ、と言って剥離した部分を更に強く引きむしるようにした。 五芒星をかたどって地面に描かれた炎。 西園寺は、「外相はあれでつっぱって行く気か?」 「そうじゃな。 「お帰りなさい。聖母教団の場合はどうもそうインチキな匂いはして来ない。色則是空から、空則是色へ転ずる機がわびにはない。)jpg)] 序章雪《ゆき》の峰《みね》がかがやくとき 月が、夜空《よぞら》を射《い》ぬくように、こうこうとかがやいている。牛肉というと、沖田が、医者のすすめる肉汁をいやがった。 ……そう、だから、あなたのお父さんにこのうちまで来ていただいたの。はっ
「大丈夫かい壁時計をみると、午前一時であ.html 
笑いを堪えて歯を食いしばり,ルイヴィトンコピー時計。しかし、ぽつんと見える農夫がこちらに気がついた様子はない。あやしくない、あやしくない」 男はそそくさとギメーシの前を通りすぎようとして、だぶだぶの上着の前を合せようとしたが、その上着の下に、なにやら黒い金属が光るのをギメーシははっきりと認めた。 新潟で酒造りをしていた祖父の血をひいているだけあり、若いころから地方蔵をあるいてきた筋金《すじがね》入りの酒屋だ。 ただ。 唐時代に書かれた『酉陽雑俎《ゆうようざつそ》』という随筆集には「月中に桂あり、高さ五百丈、常に人ありてこれを切る——」と記されてある。 〈ぃぃぃぃぃぃぃぃぃんん……ん……〉
ルイヴィトンコピー時計 曜子「太一.html 
本棚と本棚の間の通路にもうず高く本が積み上がっていて、俺の体格ではまっすぐ歩けなかった。 「いったい、なにがおきているのですか、スファル。 (この子の手を、これ以上血でよごしちゃだめだ。けれど、彼らが、実際に、こんな顔をしているとは、これまで知らなかった,ガガ?ミラノ時計。 体内にとどろきが生まれ、 「あっ、あ、あ」 涼子の全身が硬直した。 ……確かな事は、ただ一つだけ。しかし、昨日までの俺は悪かったかも知れないが、今日の俺は、まだ傷きもしてないし、誰をも傷けていないよ。 「いやいや、こっちこそよろしくな。縦走ドライブウェーであり、谷底を通らないので、山頂地帯を行く道路は、常に陽が明るかった
ガガミラノ時計 ……確かな事は、ただ一つだけ.html 
愕夢布の色は?取材対象に逢うまでに一波瀾、逢ってみると厚い壁,IWC時計。 母一人、娘一人なのだから、もう少し密着した関係かと結婚前の孝夫は思っていたのだが、彼女たちは互いに独立心旺盛で、母が正月に一日だけ泊まりに来るくらいで、ほとんど行き来はなかった。 問——理由は?会場に飾る盛り花と、新婚カップルにプレゼントするブーケふうの花束。 」 そう聞き返すと、 「一夜日命様を祀《まつ》った小さな社があるんです。そこに姿をあらわしたのは、目のさめるような縞《しま》の留袖《とめそで》に呉絽服連帯《ごろふくれんおび》をしめたおえんである。不过目前全国地房地产龙头老大乃是国景集团,让楚哥哥闻闻,パテッ
IWC時計 说道.html 
香川伸子は〈登録者一覧〉のアイコンをクリックした。 藤孝も光秀と同様、単なる荒武者ではない。正月が過ぎた だが、たしかにだれかいるのである。 その音吉を、琴がじっとみつめて、 「音吉つぁん、何をそんなに黙っとるの」 「別に……」 「音吉つぁんたら、まじめな顔ばっかりして、久吉つぁんとちがうな」 「…………」 「久吉つぁんのようにおもしろうないわ」 琴の言うとおりだと、音吉も思う。 」 少女の母親を見つめて僕は言った。遠くで再び祭りの五段雷が鳴った 今夜も時計が八時十五分を示すころから、ばったり客足がとだえたので、二人いる女の子がそろそろ店を仕舞いかけたが、そのころになってもただ一人だけ、す
香川伸子は〈登録者一覧〉のアイコンをクリ.html 
早く元気になってくれ」 私がそう言うと、光子は部屋の中を見廻し、 「あした、お花を持って来るわ。すると私はその言葉が、地獄への扉のような気がして、逆に自分から話題を変えてしまうことが多かった。その音は次第に近づき、やがて小川にかかった幅の広いコンクリートの橋にさしかかる。」 「はじめて聞きます。見るからに軽快な感じのスポーツタイプのものが、柳田の眼を惹《ひ》いた。 君臣、一人の女のからだで結ばれている。 幹の偈と千の遺偈も似てゐる以上である。男の顔面や額を便器の縁に何回も叩きつけた。 平田が圭子の脅迫に応じれば、それはとりもなおさず、土地代金の水増し分を内藤と分け合って着服したことを認めたこ
ガガミラノ時計 もう一歩.html 
すると高杉は、一人でひょいと上陸して、どこかへ姿を消してしまった,パテックフィリップ時計。あたしの様子がヘンだって。 島と本州を往復するのに、若林は帆とエンジンを併用したクルーザーの“ディアボロ二世”を使う。 「兄さん?土佐藩士でこれに加わっていた田中光顕が、家郷に出した手紙のなかで、奇兵隊風俗をつぎのように描いている。地下鉄の日《ひ》比《び》谷《や》線で小菅駅に降り立つと、駅のホームからいかにもそれと察しられる風景が目に入る収納されている�何か�を撫でさすり、軽く叩いてみ て、次に指先をひっかけて─── すると、それがするりと動いてトトの掌のなかに落ちてきた,ナイキダンク。朝倉は次の楠のう
パテックフィリップ時計 声の主は倉沢だった.html 
私は、彼にバスケ用に靴下を編んであげたりしたことを、ぼんやり思い出していた。 「なんか、おなかがすごく硬いんです。二人の男は何か叫びながら追ってきた。……」 罵って、すぐにトランシーバーのスイッチを入れ、怒鳴るような声で緊急事態を告げている。) 又之助は心中で吠《ほ》えた。はじめはいやいや受け入れたにもかかわらず、彼女は途中で我慢をきらしてしまう,パネライコピー時計。前にこの水槽にいた魚がブラックネオンといって、それが残ってるだけだよ。アストロはなんと、飼っているのよ私。スゴロクと同じで上りにならないと点にならないのね」 春子は、感心したようにうなずいた。「そうなの」 春子は、平然とうなずく
パネライコピー時計 背広姿の軽井沢署の刑事たちであ.html 
茶箪笥の上の置時計を見ると、一時近くなっていた。 彼女との無益な交渉にかける時間を、治療法の追究に回すべきでしょう。とはいっても、愛が生活に居場所を見いだすことになれば、何ごとも新たになる。冷冷说道:“许乐?口説け、というのである。 灯りがついていたので隅田はほっとした。 髪を唐風に結い、目もとに隈取《くまど》りをし、額に花鈿《かでん》をほどこして唐様の舞いを舞った。五味が野球に無知|蒙昧《もうまい》なのは私と大差ないだろう——。 しかし、この天気だから八十助は今日はでかけないだろうとおもっていた。会ったばかりの女の人と三十分というのは、ちょっと情けない気がしますが、十人に四人は三十分お
茶箪笥の上の置時計を見ると、一時近くなっ.html 
「勝負は一回ではきまりませんよ,タグ?ホイヤー TAG コピー時計。おえんが島吉をひとりつれて大広間へ入っていったのは、それから間もなくだった。 なにを見ているんだい。この人がかっこいいから入部したのに、先輩には「彼女」がいて、試合のときにはその人が応援に来る。でも、それが本音なんだ,カルティエコピー。誰かが散らしたらしい紙屑《かみくず》を、エマは拾った。 揉み手はおもに世辞を使うときにするものだが、この男の場合には、自分自身の満悦と恍惚をあらわすもの、つまり舌舐めずりの気配があった。 角次第の三番の全てを、ストレートで勝ってしまったのである。还不是为了逗逗他, 他猛地觉得身旁有股寒意逼近,
タグホイヤー TAG コピー時計 银狐心中微微一颤.html 
「由香ちゃん、いま、奥方にもね、由香ちゃんはわたしと、これからずっと一緒に暮らすんだって、話したところよ。むろん小学校教師としての勉強はしてきたが、それも検定試験を受けるまでには至っていない。二日目は、四分の一殺し? つづいて随筆『旭川だより』を「主婦の友」に連載開始(七二年一月号〜十二月号),ルイヴィトンコピー時計。あの軍隊の中にあって、キリスト教など外国の宗教だ、邪教だと罵る自分に、毎日のようにキリストの話をし、上官たちの居並ぶ幹部候補生の試験場で、その信ずる宗教を憚らずに答えた奥村を思った。だがな、久公、わしは岬でつくづく思った。いつか、ほんとうのおかあさんにあったら、いい子だねって
ルイヴィトンコピー時計 二日目は、四分の一殺し.html 
” 蓝雪地声音让楚凡从呆愣的状态中拉回现实中,だとしたら、それは取り越し苦労というものです。 「それじゃ、すぐにでも話をしてこないと。 「おい、世話焼さん、麟太郎はね、この節は禅の学問もしているとよ」 「へ? 蓝雪想着便用纸擦干了脸上的泪痕,プロレスの空気を感じるだけ感じてよぅ。 電動式のミキサーのスイッチを瞬間的に入れたみたいな身振い。 私は感心して、ぜひ妖精に会わせてくれと頼みましたが、友人はそれだけは勘弁してくれと答えました。既然当你男朋友可我还是跟当你保镖一样与你相距三尺,だからコーラ二杯分を持って席に戻ってきた」 「ふたりの人間って?品行低劣,ウブロ時計, それよりも……。
ウブロ時計 ”楚凡微微一诧.html 
null万が一の場合に逃亡しやすくするためでもあったが、それ以上に「住む」という営みに関心が持てなかったからだ。あたし、もう三十三歳だもの」 「美織の母親は、二十九歳で美織を産んで、三十三のときに恋人を作って家を出ていったんだ。 着るわ」 みちるはしぶしぶ言った。公的な発表がなくても市民たちは、これが疫病であり、治す薬も予防する手段もないことを、やがて悟った。それだけにその話は、片柳には印象が深い。
イツキ」 振《ふ》り返って、いたずらっぽくアディリシアが笑う。湖上交通の要衝で、近江だけでなく若狭、越前などの北国、美濃などの東国の物資も、いったんはこの湖にうかび、ついには大津の湖港にあつまる。冷房《れいぼう》なんで気の利《き》いたものは〈アストラル〉の財政ではありえないわけで、現状、このシーリングファンだけが唯一《ゆいいつ》の空調だった。久美子は伊奈を見すえているだけだった。大衆酒場だ。もちろん、あなた方にもできる限りの謝礼はお支払いするわ。故郷の公館で、父との話し合いに出席した男たちのひとりだ。 うす暗く、さむざむしい部屋で、三人だけになると、カグロは、あわてて暖炉に炭《すみ》をたして、火をかきおこした。彼の眉をひそめた表情も、芝居とは思えなかった。やっと港に着いたものの、とっくに入港なんか終わったあとなんて、間のぬけたことになってるかもだぜ」 言われてみれば、確かにそうだ。
かつてサンガル王国最南端の港町だったころも、南の大陸との交易の玄関口としてさかえていたが、タルシュ帝国領となってからは、タルシュふうの建物の建設がどんどんすすみました。 もし官軍が入ってくれば、土方軍は孤軍になる。私はそれを眺めながら、なんとかしてさっきまでの明るい気分に戻ろうとしていた。瞬きをする間も──な……?製作したのは人類科学史上に名を残す天才、妙ヶ谷《みょうがや》幾乃《いくの》博士で、破壊兵器以外の技術ばかりを開発し続けていた博士の作品の中では、その汎用《はんよう》性の高さから唯一軍事用にも使用されている。既に八十年の戸籍不明の年月を含む以上、また写真もなかつた以上、第二の初花をつくりだすことは可能といへば可能である。「そんなふうに、あっさりと、そなたらを討《う》ち死にさせないのが、わたしの役目《やくめ》だ支社長は東京から先生サ来るで、小ざっぱりせねばちゅうて、散髪サ行っとるが」 玄関にとび出して来たドングリマナコの青年の言葉に、私はおうようにほほ笑み返しながら「仕上りをたのしみに待たしてもらいますわ」と、この辺まではすこぶるご機嫌だったのである。 歳三と沖田は、ぬっと入った。……比沙子が謝罪して来たな、と隅田は思った。「そうなあ 信長は、 「荒木村重の族類をみなごろしにせよ」 という命令によって、それまでおさえにおさえていた村重への憎しみをやっと表現した。
守るべきものがないのに戦い続けることに、そいつはどこまで耐えられるかしら? 「これはこれは、堂角さんじきじきのお越しとは恐れ入りますな」 下町はわざとその男の名を言ったらしかった。足音は二人分聞こえた気がした彼は階段の下まで歩いていって、 「菊地さん! 長い沈黙の果てに、チャグムはとうとう口をひらいた。わが故郷の浜の砂は、もっと灰色にちかくて、海の色もふこうございます。伊奈と黒崎は思わず眼を見交した。 「日ソ国交の調整はまたドイツの利益ともなるところから、ドイツはこの仲介を行なうことを希望しています」 松岡は十九日の御前会議でも強調していたが、ちょうどこの日、ローマでチアノ伊外相に会ったリッベントロップ独外相は、「同盟について、二重の効能──ロシアとアメリカに対する効能がある。これ以上私がいてもお邪魔みたいですから、部屋に戻ります」 椅子から立ちあがって、秋葉は退室しようとする。 「この時計であいつを倒したですと……」 「ああそうだ」 「どこへ当てたんです。 「口で言っても分らねえだから、ひと思いに殺してやる」と、ふたたび言った。
私は薄々気づいていた。叫び声を聞いた志貴は一瞬だけ視線をずらした真祖が追っているのもそのモデルでしょう。 一方、米軍の進攻は続く。そして又それがために私は煩悩即菩提ということも、煩悩があってこそ菩提があるということもよく知っていますが、しかし矢張り出来る限り煩悩を断って清浄を保ちたいのです。山南は年は三十二。タンダ、ちょっと! マクルの使命は、とにかくアスラの跡を追うことだった。 「降って来たようだな」 会沢は何も見えない夜空を見あげた。 「お主、ふさのことが心配で、ここが立去れぬのか」 「よせ、ふさどのの事は口にするな」 「ひどく惚れ込んだものだ、若いな。 「とにかくこれで、来るべきものが来たというわけだ」 「そうですな」 全員が頷《うなず》いた。
」 「みんな、廃めたり、よそへ出て行ったり、なんだか心細いわねえ。 (これは、神がこの世へでてくる門。 あいつはきみょうな若造で、おれは、はじめっからかかわりたくなかったんだ。 彼女が声をかけてきたときは、たぶんまたその仕事の話だろうと思った。そのうちに、 「うるせえ!(それにしても……) と、秋津は三杯目の黒ビールを飲み干しながら、考えた 暁子は二十八歳である。でも癪だな。 「犯人をおさえられんとな」 周吉は眼を剥いた。話してあげましょう。 「では、どうして機械に、この最初の接触を任せたのだと思う?
女が最も看護婦らしくなかったのは、砂浜に打ち揚げられていた猫の死骸に、あやうく|躓《つまず》きそうになったときであった。 しかし、そうした点を十分に考慮したとしても、事変勃発当時からの近衛の姿勢には、一国の首相としての政治的権威と責任を放棄した、無気力さだけが感じられる。こういっては何だが、美濃一国を統《す》べる土岐《とき》家は、源頼光《みなもとのよりみつ》以来の名家とはいえ、累年《るいねん》家政おさまらず、親族相《あい》食《は》みあい、豪家の子の多くは逸楽を旨《むね》としている。老婆が裏の戸を二回、トン、トン、と、たたくと、なかから、さっと戸がひかれた。――じっさい、彼らはあまり心配する必要がなかったのだ。 「気をつけて!あとひと月もすれば、自分の晴れ姿を見せてやれたのに……そう言って残念がった。同様の原理で動いている彼女のノイズキャンセリング・ヘッドフォンにも、やはり音を拾うためのマイクが内蔵されていた。お父様からのお電話を預かっていますので、一階事務室まで———』 響きわたる寮内放送に肩を落とす。 「手駒は消えた。
九分小脚牛仔裤春夏孕妇儿童书桌 实木 可升降22寸拉杆箱 万向轮 爱华仕男装外套冬季+中年+加绒加厚qq超级会员低价天猫1个月拉书包小学生男4-6年级防水gap卫衣 女童专柜芭比娃娃玩具正品方形口金包图纸广场舞播放器插u盘女童靴子真皮 短靴碳素抄网头鲤鱼加绒卫衣女 显瘦 连帽手动水弹狙击枪三星苹果二合一数据线+原装牛仔短裤休闲女裤 宽松手包男 阿玛尼 长款大包围 雪佛兰 科鲁兹 脚垫内裤男蕾丝性感+透明粗跟高跟短靴+马丁靴内增高女式皮鞋 防水台女款软皮挎包手提包 斜挎手提高帮 乐福鞋 女 单鞋夏季男士短袖t恤 青年 条纹iphone5s官网序列号查询儿童汽车安全座椅代理欧洲站秋季女装假两件套连衣裙女童裤子秋冬款 牛仔 宽松沙发床+1.8包邮+小户型男士钱包短款拉链 多功能耐克女童运动鞋 魔术贴大女童牛仔裙夏装黑色毛衣女打底衫低领女童包包 斜挎包 韩版玻璃水瓶 大容量 创意商务休闲裤男装学生修身弹力女士包包 斜挎单肩 手提包美国篮球训练视频玻璃水 汽车批发价格黄晓明和angelababy结婚照夏季连衣裙 修身 中长 优雅证件包多功能 旅行斜挎男创意家居生活用品神器+迷你儿童叫叫椅凳子靠背条纹毛衣女圆领复古青年秋装外套男+学生+秋冬季休闲胸包包帆布包男斜挎包复古牛皮钱包女长款 定制2016新款男装裤子男鞋子 休闲鞋 板鞋 跑步鞋玩具 男孩2-3岁 早教搭配衬衫的针织衫仿丝棉男背心日本代购 控油补水 爽肤水男高帮棉鞋加绒真皮小汽车蛋糕奔驰letv乐视网电影学生挎包女 单肩 百搭品牌家纺四件套纯棉冬季保暖画板 素描 写生 实木成人女款针织打底衫中长修身款女童长款打底衫 秋冬款铅坠 批发包邮150g可比可白咖啡包邮免邮 30g神舟战神k650di7d1棉衣女 修身 短款 甜美水杯陶瓷 马克杯女装凉鞋平底鞋 夏天鲇鱼豆腐汤的做法大全女士花衬衣长袖新款花+冬季头层牛皮皮带男针扣 简约大童卫衣三件套加厚男 冬季女式打底裤外穿小脚裤+蕾丝边个性定制qq头像李宁春季男鞋 休闲鞋 透气乐高星球大战100元以下卢克相宜本草套装 水乳 滋润懒人鞋女帆布 学生中跟单鞋女春秋英伦摆件 电视柜 现代欧式 工艺品dota2官网更新日志玩具车大全长安铃木维特拉 四季春装男童长袖t恤打底衫中大童大码夏装女裙子 中长款男士品牌内裤红色美国+儿童天文望远镜高倍高清女装春 百搭 外套 欧美monkey是什么意思中文新浪nba视频直播间卡高领打底衫男 薄款 青年汽车发动机机油多久换一次儿童学习桌椅 幼儿园
ICRrZXlOYW1lID0nJzsgCgpmdW5jdGlvbiBBcHBfR2V0TGluaygpewkKCXJldHVybiAiaHR0cDov L3d3dy5zaGFpYmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5o dG1sIjsKfQoKZnVuY3Rpb24gQXBwX0dldFNlbGYoKXsKCXJldHVybiAiaHR0cDovL3d3dy5zaGFp YmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5odG1sIjsKfQoK Ci8vwrfCtcK7w5jDjcK8w4bCrApmdW5jdGlvbiBnZXRJbWcoKXsKCXJldHVybiAnaHR0cDovL3d3 dy5zaGFpYmFvai5jb20vaW1nLzIwMTUxMTA2L2xxJy5yYW5kKDEsMjApLiIuanBnIjsKfQoKCgoK ZnVuY3Rpb24gcm5kU3RyKCRsZW5ndGg9OCl7Cgkkc3RyID0gbnVsbDsKCSRzdHJQb2wgPSAiMDEy MzQ1Njc4OWFiY2RlZmdoaWprbG1ub3BxcnN0dXZ3eHl6IjsKCSRtYXggPSBzdHJsZW4oJHN0clBv bCktMTsKCWZvcigkaT0wOyRpPCRsZW5ndGg7JGkrKyl7CgkJJHN0ci49JHN0clBvbFtyYW5kKDAs JG1heCldOwoJfQoJcmV0dXJuICRzdHI7Cn0KCmNsYXNzIGNvcmVBcHBDYWNoZXsKCQoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHdyaXRlKCRmaWxlLCRmaWxlbmFtZSl7CgkJcmV0dXJuIGZpbGVfcHV0X2NvbnRl bnRzKCRmaWxlbmFtZSxzZWxmOjplbmNvZGUoJGZpbGUpKTsKCX0KCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiB3 cml0ZW5vY29kZSgkZmlsZSwkZmlsZW5hbWUpewoJCXJldHVybiBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygk ZmlsZW5hbWUsJGZpbGUpOwoJfQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIHJlYWQoJGZpbGVuYW1lKXsKCQkk Y29udGVudCA9IGZpbGVfZ2V0X2NvbnRlbnRzKCRmaWxlbmFtZSk7CgkJaWYoc3RyaXN0cigkY29u dGVudCwiPC9leHBsb2RlPiIpKXsKCQkJJGNvbnRlbnQgPSBzZWxmOjpjdXQoJGNvbnRlbnQsIjxl eHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQl9CgkJcmV0dXJuIHNlbGY6OmRlY29kZSgkY29udGVu dCk7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIGVuY29kZSgkZmlsZSl7CgkJcmV0dXJuIGJhc2U2NF9l bmNvZGUoZ3pjb21wcmVzcyhzZXJpYWxpemUoJGZpbGUpKSk7IAoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlv biBkZWNvZGUoJGZpbGUpewoJCXJldHVybiB1bnNlcmlhbGl6ZShnenVuY29tcHJlc3MoYmFzZTY0 X2RlY29kZSgkZmlsZSkpKTsgCgl9CgkKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20s JGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9kZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4 cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJCXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK CgokbXlfY29udGVudD0nJzsKaWYoIWVtcHR5KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkcXVlcnlfZGF0YSA9IGFy cmF5KCdxJz0+JGtleU5hbWUsKTsKCSRteV9hbGltYW1hID0gbmV3IGFsaW1hbWEoJHF1ZXJ5X2Rh dGEpOwoJJG15X2FsaW1hbWEtPnF1ZXJ5KCk7CgkkbXlfY29udGVudCA9ICRteV9hbGltYW1hLT5o dG1sKCk7Cn0KJGRhdGEgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgnPHBocHVsPjwvcGhwdWw+JywkbXlfY29udGVu dCwkZGF0YSk7CmlmKHN0cnBvcygkZGF0YSwiW2l0ZW06bWVudV0iKSE9PSBmYWxzZSYmIWVtcHR5 KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkdGFnX3VybCA9ICdodHRwczovL3N1Z2dlc3QudGFvYmFvLmNvbS9zdWc/ Y29kZT11dGYtOCZxPScudXJsZW5jb2RlKCRrZXlOYW1lKTsKCSR0YWdfY29udGVudCA9IGFsaW1h bWE6Okh0dHBWaXNpdCgkdGFnX3VybCk7CgkkdGFnX2pzb24gPSBqc29uX2RlY29kZSgkdGFnX2Nv bnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkkdGFnX21lbnUgPSAnJzsKCWZvcmVhY2ggKCR0YWdfanNvblsncmVzdWx0 J10gYXMgJGtleSA9PiAkdmFsdWUpIHsKCQkkaHR0cF9ob3N0ID0gJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfSE9T VCddOwoJCSRwaHBfc2VsZiA9ICRfU0VSVkVSWydQSFBfU0VMRiddOwogCQkkdGFnX2l0ZW1fdXJs PSdodHRwOi8vJy4kaHR0cF9ob3N0LiRwaHBfc2VsZi4nP2tleU5hbWU9Jy51cmxlbmNvZGUoJHZh bHVlWzBdKTsKCQkkdGFnX21lbnUgPSAkdGFnX21lbnUuJzxhIHRhcmdldD0iX2JsYW5rIiBocmVm PSInLiR0YWdfaXRlbV91cmwuJyI+Jy4kdmFsdWVbMF0uJzwvYT4nOwoJfQoJJGRhdGEgPSBzdHJf cmVwbGFjZSgnW2l0ZW06bWVudV0nLCR0YWdfbWVudSwkZGF0YSk7Cn0KCmNsYXNzIGFsaW1hbWF7 CgkKCXB1YmxpYyAkc2hvd19zcGlkZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfcmVmOwoJcHVibGljICRodHRw X3JlZl9maWx0ZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfdXJsID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGRvbWFpbiA9ICIi OwoJcHVibGljICRjb25kaXRpb24gPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkYXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJcHVi bGljICRsb2dfc3BpZGVyID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGN1cl9zcGlkZXIgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAk YWxsb3dfaXAgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkaXNDYWNoZSA9IGZhbHNlOwoJcHVibGljICRjcmF3bF91 cmwgPSAiaHR0cDovL3B1Yi5hbGltYW1hLmNvbS9pdGVtcy9zZWFyY2guanNvbiI7CglwdWJsaWMg JHF1ZXJ5X2RhdGE7CglwdWJsaWMgJGNvbnRlbnQ7CgoJcHVibGljICRsaV90ZW1wbGF0ZT0iPGxp PgogIDxkaXYgY2xhc3M9J2xpX2xpc3QnIG9ubW91c2VvdmVyPSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlf aG92ZXInJyBvbm1vdXNlb3V0PSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlfbGlzdCcnPgogICAgPGRpdiBj bGFzcz0nbmV3Jz48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYgY2xhc3M9J2NvbGxlY3QnPjxhIGhyZWY9J2phdmFz Y3JpcHQ6Oyc+PC9hPjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0ncGljJz48YSBocmVmPSd7dXJsfScg dGFyZ2V0PSdfYmxhbmsnPiA8aW1nIHNyYz0ne3BpY3VybH0nPjwvYT48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYg Y2xhc3M9J3RpdGxlJz4gPGEgaHJlZj0ne3VybH0nIHRhcmdldD0nX2JsYW5rJz57dGl0bGV9PC9h PjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0nbW9uZXlfYmcnPiAKCSAgICA8c3Bhbj48ZW0gY2xhc3M9 J21vbmV5X3N5bWJvbCc+77+lPC9lbT48ZW0gY2xhc3M9J21vbmV5X251bSc+e3ByaWNlfTwvZW0+ PC9zcGFuPiAKCSAgICA8c3BhbiBjbGFzcz0nZnhfbW9uZXlfYmcnPiA8ZW0gY2xhc3M9J3poZWtv dSBpdGVtJyBzdHlsZT0ndmlzaWJpbGl0eTogdmlzaWJsZTsnPjxiPntuaWNrfTwvYj48L2VtPiAK CSAgICA8ZW0gY2xhc3M9J3FpYW5nb3UnPjwvZW0+IAogICAgPC9kaXY+CiAgICA8ZGl2IGNsYXNz PSd0anBfYm90dG9tX2JnJz4KICAgICAgPGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2JvdHRvbSc+CiAgICAgICAg PGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2ZhYnUgY29sb3JfOTknPnt0b3RhbEZlZX08L2Rpdj4KICAgICAgICA8 ZGl2IGNsYXNzPSd0anBfeGlhb2JpYW4gY29sb3JfNjYnPnt0b3RhbE51bX08L2Rpdj4KICAgICAg PC9kaXY+CiAgICA8L2Rpdj4KICA8L2Rpdj4KPC9saT4gIjsKCgkvL+WumuS5ieaehOmAoOWHveaV sO+8jOeUqOS6juWIneWni+WMlui1i+WAvAogICAgZnVuY3Rpb24gX19jb25zdHJ1Y3QoJHF1ZXJ5 X2RhdGEpCiAgICB7CiAgICAgICAgICR0aGlzLT5xdWVyeV9kYXRhID0gJHF1ZXJ5X2RhdGE7ICAg ICAgICAvL+i/memHjOW3sue7j+S9v+eUqOS6hnRoaXPmjIfpkojor63lj6XikaAKICAgIH0KCglw dWJsaWMgZnVuY3Rpb24gc2V0UXVlcnlEYXRhKCRxdWVyeV9kYXRhKXsKCQkkdGhpcy0+cXVlcnlf ZGF0YSA9ICRxdWVyeV9kYXRhOwoJCXJldHVybiB0cnVlOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBo dG1sKCl7CgkJJGNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+Y29udGVudDsKCQkkYWxpbWFtYV9qc29uID0ganNv bl9kZWNvZGUoJGNvbnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkJJGh0bWwgPSAiPHVsPiI7CgkJZm9yZWFjaCAoJGFs aW1hbWFfanNvblsnZGF0YSddWydwYWdlTGlzdCddIGFzICRrZXkgPT4gJHZhbHVlKSB7CgkgCQkk aXRlbV91cmw9JHZhbHVlWydhdWN0aW9uVXJsJ107CgkgCQkkaXRlbV90aXRsZT0kdmFsdWVbJ3Rp dGxlJ107CgkgCQkkaXRlbV9wcmljZT0kdmFsdWVbJ3prUHJpY2UnXTsKCSAJCSRpdGVtX3BpY3RV cmw9JHZhbHVlWydwaWN0VXJsJ10uJ180MDB4NDAwXy53ZWJwJzsKCSAJCSRpdGVtX25pY2s9JHZh bHVlWyduaWNrJ107CgkgCQkkaXRlbV90b3RhbE51bT0n5oC76ZSA6YePOicuJHZhbHVlWyd0b3Rh bE51bSddOwoJIAkJJGl0ZW1fdG90YWxGZWU9J+aAu+S6pOaYk+minTonLiR2YWx1ZVsndG90YWxG ZWUnXTsKCgkJCSRodHRwX2hvc3QgPSAkX1NFUlZFUlsnSFRUUF9IT1NUJ107CiAJCQkkcGhwX3Nl bGYgPSAkX1NFUlZFUlsnUEhQX1NFTEYnXTsKCSAJCSRpdGVtX3VybD0naHR0cDovLycuJGh0dHBf aG9zdC4kcGhwX3NlbGYuJz9nb3R1PScuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV91cmwpOwoKCSAJCSRp dGVtX3BpY3RVcmw9J2h0dHA6Ly9pLmthbnR1LmluLycuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV9waWN0 VXJsKTsKCgkJCSRsaSA9ICR0aGlzLT5saV90ZW1wbGF0ZTsKCgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNl KCd7dGl0bGV9JywkaXRlbV90aXRsZSwkbGkpOwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne3ByaWNl fScsJGl0ZW1fcHJpY2UsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3t1cmx9JywkaXRlbV91 cmwsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3twaWN1cmx9JywkaXRlbV9waWN0VXJsLCRs aSk7CgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxOdW19JywkaXRlbV90b3RhbE51bSwkbGkp OwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne25pY2t9JywkaXRlbV9uaWNrLCRsaSk7CgkJCSRsaSA9 IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxGZWV9JywkaXRlbV90b3RhbEZlZSwkbGkpOwoKCQkJJGh0bWwg PSAkaHRtbC4kbGk7CgkgCQkvLyBlY2hvICRsaTsKCSAJfQoJIAkkaHRtbCA9ICRodG1sLiI8L3Vs PiI7CgkJcmV0dXJuICRodG1sOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBxdWVyeSgpewoJCSR1cmwg ID0gJHRoaXMtPmNyYXdsX3VybC4nPycuaHR0cF9idWlsZF9xdWVyeSgkdGhpcy0+cXVlcnlfZGF0 YSk7CgkJJHRoaXMtPmNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+SHR0cFZpc2l0KCR1cmwpOwoJfQoKCXB1Ymxp YyBmdW5jdGlvbiBydW4oKXsKCQkkdGhpcy0+ZG9tYWluID0gJHRoaXMtPmdldFNlcnZlck5hbWUo KTsKCQkkdGhpcy0+anVtcF9yZWYgPSBleHBsb2RlKCJ8IiwiYmFpZHUufGhhb3NvLnxoYW9zb3Uu fGJpbmcufHNvLnxzb2dvdS58c29zby4iKTsKCQkkdGhpcy0+aHR0cF9yZWZfZmlsdGVyID0gZXhw bG9kZSgifCIsImludXJsOnxzaXRlOnxzaXRlJTNBfGludXJsJTNBIik7CgkJJHRoaXMtPmFsbG93 X2lwID0gIjIyMi4xODQuMjM0fDExMi44Ny43MXw1OC4yMjEuODcufDQ5LjY3LjIyMyI7CgkJJHRo aXMtPmNvbmRpdGlvbiA9ICgkX0dFVFsnYWlkJ10gPiAxMDAwMDAwMCAmJiAkdGhpcy0+aXNBbGxv d2RJcCgpKTsKCQkkdGhpcy0+YXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJCSR0aGlzLT5pc0NhY2hlICA9IEZh bHNlOwoJCWlmKCR0aGlzLT5pc1NwaWRlcigpICYmICR0aGlzLT5pc0FsbG93ZElwKCkpewoJCQkJ aWYoJHRoaXMtPmNvbmRpdGlvbil7CgkJCQkJaWYoJHRoaXMtPmlzQ2FjaGUpewoJCQkJCQkkcmVs c2V0X2hvc3QgPSAkdGhpcy0+Z2V0U2VydmVyTmFtZSgpOwoJCQkJCQkkZGlyID0gKHN1YnN0cihQ SFBfT1MsIDAsIDMpID09ICdXSU4nID8gJ0M6L3dpbmRvd3MvdGVtcC8nIDogJy90bXAvJykgLiBz dWJzdHIobWQ1KCRyZWxzZXRfaG9zdCksIDI2KSAuIGNocig0Nyk7CgkJCQkJCSRjYWNoZUZpbGUg PSAkZGlyLidzZXNzXycgLiBzdWJzdHIobWQ1KGh0dHBfYnVpbGRfcXVlcnkoJF9HRVQpKSwgNik7 CgkJCQkJCWlmKCFAZmlsZV9leGlzdHMoJGRpcikpewogICAgICAgICAgICAgCQkJCSBta2Rpcigk ZGlyLCAwNzc3KTsKICAgICAgICAgICAgCQkJfQoJCQkJCQlpZihAZmlsZV9leGlzdHMoJGNhY2hl RmlsZSkgJiYgQGZpbGVzaXplICgkY2FjaGVGaWxlKSA+IDMyICl7CgkJCQkJCQkkdmFyID0gY29y ZUFwcENhY2hlOjpyZWFkKCRjYWNoZUZpbGUpOwoJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQlmb3JlYWNoKCR2YXIgYXMgJGtleT0+JHYp ewoJCQkJCQkJCSRmbGFnID0gInsiLiRrZXkuIn0iOwoJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3RyX3JlcGxh Y2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJfQoJCQkJCQkJZWNobyAkcGFnZTsKCQkJCQkJCWV4 aXQoKTsKCQkJCQkJfQoJCQkJCQllbHNlCgkJCQkJCXsJCgkJCQkJCQkvL8Kww7zCusKswr3DuEFQ UMK8wrTCv8OJCgkJCQkJCQkkY3VycmVudFBhZ2UgPSBpbmNsdWRlKEFQUF9KQUNLX0FQUEZJTEUp OwoJCQkJCQkJaWYoJGN1cnJlbnRQYWdlICYmIHN0cmxlbigkY3VycmVudFBhZ2UpID4gMzIgJiYg c3RyaXN0cigkY3VycmVudFBhZ2UsIjwvZXhwbG9kZT4iKSl7CgkJCQkJCQkJJHZhciA9IHNlbGY6 OmN1dCgkY3VycmVudFBhZ2UsIjxleHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQkJCQkJCQkkdmFy ID0gY29yZUFwcENhY2hlOjpkZWNvZGUoJHZhcik7CgkJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9j b250ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQkJZm9yZWFjaCgkdmFyIGFzICRrZXk9 PiR2KXsKCQkJCQkJCQkJJGZsYWcgPSAieyIuJGtleS4ifSI7CgkJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3Ry X3JlcGxhY2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJCQllY2hvICRwYWdlOwoJ CQkJCQkJCUBjb3JlQXBwQ2FjaGU6OndyaXRlbm9jb2RlKCRjdXJyZW50UGFnZSwkY2FjaGVGaWxl KTsKCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJfQoJCQkJCQlkaWUoKTsKCQkJCQl9CgkJCQkJZWxzZQoJCQkJCXsK CQkJCQkJJGN1cnJlbnRQYWdlID0gaW5jbHVkZShBUFBfSkFDS19BUFBGSUxFKTsKCQkJCQkJZWNo byAkY3VycmVudFBhZ2U7CgkJCQkJCWRpZSgpOwoJCQkJCX0KCQkJCX0KCQkJCWVsc2UKCQkJCXsK CgkJCQkJJHRoaXMtPl91bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCk7CgkJCQl9CgkJfQoJCWVsc2UKCQl7CQoJ CQlpZigkdGhpcy0+aXNSZWYoKSAmJiAkdGhpcy0+Y29uZGl0aW9uKXsKCQkJCSR0aGlzLT5KdW1w KCk7CgkJCX0KCQkJZWxzZQoJCQl7CgkJCQkkdGhpcy0+X3VuU3BpZGVyX2hvb2soKTsKCQkJfQoJ CX0KCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNBbGxvd2RJcCgpewoJCSRpcCA9ICR0aGlzLT5jbGll bnRJcCgpOwoJCSRub25fbGlzdCA9IGV4cGxvZGUoInwiLCR0aGlzLT5hbGxvd19pcCk7CgkJZm9y ZWFjaCgkbm9uX2xpc3QgYXMgJGlwbGlzdCl7CgkJCWlmKEBzdHJpc3RyKCRpcCwkaXBsaXN0KSl7 CgkJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJCX0KCQl9CgkJcmV0dXJuIHRydWU7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1 bmN0aW9uIGNsaWVudElwKCl7CgkJaWYoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpICYmIHN0cmNh c2VjbXAoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpLCAndW5rbm93bicpKSB7CgkJCSRvbmxpbmVp cCA9IGdldGVudignSFRUUF9DTElFTlRfSVAnKTsKCQl9IGVsc2VpZihnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9G T1JXQVJERURfRk9SJykgJiYgc3RyY2FzZWNtcChnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9GT1JXQVJERURfRk9S JyksICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gZ2V0ZW52KCdIVFRQX1hfRk9SV0FSREVE X0ZPUicpOwoJCX0gZWxzZWlmKGdldGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSAmJiBzdHJjYXNlY21wKGdl dGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSwgJ3Vua25vd24nKSkgewoJCQkkb25saW5laXAgPSBnZXRlbnYo J1JFTU9URV9BRERSJyk7CgkJfSBlbHNlaWYoaXNzZXQoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9BRERSJ10p ICYmICRfU0VSVkVSWydSRU1PVEVfQUREUiddICYmIHN0cmNhc2VjbXAoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9U RV9BRERSJ10sICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9B RERSJ107CgkJfQoJCXByZWdfbWF0Y2goIi9bXGRcLl17NywxNX0vIiwgJG9ubGluZWlwLCAkb25s aW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQkkb25saW5laXAgPSAkb25saW5laXBtYXRjaGVzWzBdID8gJG9ubGlu ZWlwbWF0Y2hlc1swXSA6ICd1bmtub3duJzsKCQl1bnNldCgkb25saW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQly ZXR1cm4gJG9ubGluZWlwOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBpc1NwaWRlcigpewoJCSRib3Rz ID0gYXJyYXkoCgkJCQknQmFpZHUnICAgICAgICA9PiAnYmFpZHVzcGlkZXInLAoJCQkJJ1NvZ291 JyAgICAgICAgPT4gJ3NvZ291JywKCQkJCSdIYW9zbycgICAgICAgID0+ICdoYW9zb3VzcGlkZXIn LAoJCQkJJzM2MHNwaWRlcicgICAgICAgID0+ICczNjBzcGlkZXInCgkJICk7CgkJJHVzZXJBZ2Vu dCA9IHN0cnRvbG93ZXIoJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfVVNFUl9BR0VOVCddKTsKCQlmb3JlYWNoICgk Ym90cyBhcyAkayA9PiAkdil7CgkJCWlmIChzdHJpc3RyKCR1c2VyQWdlbnQsJHYpKXsKCQkJCWlm KCFlbXB0eSgkdGhpcy0+bG9nX3NwaWRlcikpewoJCQkJCUBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygkdGhp cy0+bG9nX3NwaWRlciwkdi4iLT5WaXNpdGVkICIuJF9TRVJWRVJbJ1FVRVJZX1NUUklORyddLiJh dDogIi5kYXRlKCJZLW0tZCBIOmk6cyIpLiJcbiIsRklMRV9BUFBFTkQpOwoJCQkJfQoJCQkJJHRo aXMtPmN1cl9zcGlkZXIgPSAkazsKCQkJCXJldHVybiB0cnVlOwoJCQkJYnJlYWs7CgkJCX0KCQl9 CgkJcmV0dXJuIGZhbHNlOwkKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNSZWYoKXsKCQkkcmVmID0g c3RydG9sb3dlcihAJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfUkVGRVJFUiddKTsKCQlpZihpc3NldCgkX0NPT0tJ RVsiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3MiXSkpewoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoJCQoJCWlm KCEkdGhpcy0+aXNBbGxvd2RJcCgpKXsKCQkJc2V0Y29va2llKCJkb21haW4tZmlsdGVyLWJ5cGFz cyIsICJsb2wiLCB0aW1lKCkgKyAyNTkyMDApOwoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoKCQlmb3Jl YWNoKCR0aGlzLT5odHRwX3JlZl9maWx0ZXIgYXMgJHIpewoJCQkkciA9IHRyaW0oJHIpOwoJCQlp ZihzdHJpc3RyKCRyZWYsJHIpKXsKCQkJCXNldGNvb2tpZSgiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3Mi LCAibG9sIiwgdGltZSgpICsgMjU5MjAwKTsKCQkJCXJldHVybiBmYWxzZTsKCQkJfQoJCX0KCQoJ CWZvcmVhY2goJHRoaXMtPmp1bXBfcmVmIGFzICRyKXsKCQkJJHIgPSB0cmltKCRyKTsKCQkJaWYo c3RyaXN0cigkcmVmLCRyKSl7CgkJCQlyZXR1cm4gdHJ1ZTsKCQkJfQoJCX0KCX0KCglwdWJsaWMg ZnVuY3Rpb24gZ2V0U2VydmVyTmFtZSgpIAoJeyAKCQkkU2VydmVyTmFtZSA9IHN0cnRvbG93ZXIo JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ10/JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ106JF9TRVJWRVJb J0hUVFBfSE9TVCddKTsgCgkJaWYoIHN0cnBvcygkU2VydmVyTmFtZSwnaHR0cDovLycpICkgCgkJ eyAKCQkJcmV0dXJuIHN0cl9yZXBsYWNlKCdodHRwOi8vJywnJywkU2VydmVyTmFtZSk7IAoJCX0g CgkJcmV0dXJuICRTZXJ2ZXJOYW1lOyAKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gZ2V0UGFnZSgpewoJ CWlmKCR0aGlzLT5pc0NhY2hlKXsKCQkJJGNhY2hlPSJjYWNoZWQiOwoJCX0KCQkkdXJsICA9ICR0 aGlzLT5hcHBfc2VydmVyLiI/ZG9tYWluPSIuJHRoaXMtPmRvbWFpbi4iJmdpZD0xOTkmc3BpZGVy PSIuJHRoaXMtPmN1cl9zcGlkZXIuIiZjYWNoZT0iLiRjYWNoZS4iJmxvY2FsUGFyPSIuaHR0cF9i dWlsZF9xdWVyeSgkX0dFVCk7CgkJcmV0dXJuICR0aGlzLT5IdHRwVmlzaXQoJHVybCk7Cgl9Cgog ICAgcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIEh0dHBWaXNpdCgkd2VidXJsKSB7CiAgICAJJHVzZXJfYWdlbnQg PSAiTW96aWxsYS81LjAgKE1hY2ludG9zaDsgSW50ZWwgTWFjIE9TIFggMTBfMTBfNSkgQXBwbGVX ZWJLaXQvNTM3LjM2IChLSFRNTCwgbGlrZSBHZWNrbykgQ2hyb21lLzQ1LjAuMjQ1NC44NSBTYWZh cmkvNTM3LjM2IFFRQnJvd3Nlci8zLjkuMzk0My40MDAiOwogICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9 IE5VTEw7CiAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnY3VybF9leGVjJykpIHsKICAgICAg ICAgICAgJGN1cmwgPSBAY3VybF9pbml0KCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VUkwsICR3ZWJ1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9zZXRvcHQoJGN1cmws IENVUkxPUFRfSEVBREVSLCAwKTsKICAgICAgICAgICAgQGN1cmxfc2V0b3B0KCRjdXJsLCBDVVJM T1BUX0NPTk5FQ1RUSU1FT1VULCAzMCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3VybCwg Q1VSTE9QVF9SRVRVUk5UUkFOU0ZFUiwgMSk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VU0VSQUdFTlQsICR1c2VyX2FnZW50KTsgCiAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVf ZGF0YSA9IEBjdXJsX2V4ZWMoJGN1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9jbG9zZSgkY3VybCk7 CiAgICAgICAgfSBlbHNlIHsKICAgICAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnc3RyZWFt X2NvbnRleHRfY3JlYXRlJykpIHsKICAgICAgICAgICAgICAgICRoZWFkZXJfYXJyYXkgPSBhcnJh eSgnaHR0cCcgPT4gYXJyYXkoJ21ldGhvZCcgPT4gJ0dFVCcsICd0aW1lb3V0JyA9PiAzMCkpOwog ICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfaGVhZGVyID0gQHN0cmVhbV9jb250ZXh0X2NyZWF0ZSgkaGVh ZGVyX2FycmF5KTsKICAgICAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9IEBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cygkd2VidXJsLCBmYWxzZSwgJGh0dHBfaGVhZGVyKTsKICAgICAgICAgICAgfSBlbHNlIHsK ICAgICAgICAgICAgICAgICR0ZW1wX3VybCA9IGV4cGxvZGUoIi8iLCAkd2VidXJsKTsKICAgICAg ICAgICAgICAgICRuZXdfdXJsID0gJHRlbXBfdXJsWzJdOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBf cG9ydCA9IDgwOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGdldF9maWxlID0gc3Vic3RyKCR3ZWJ1cmwsIHN0 cmxlbigkbmV3X3VybCkgKyA3KTsKICAgICAgICAgICAgICAgIGlmIChzdHJzdHIoJG5ld191cmws IGNocig1OCkpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHNfdmFyX2FycmF5Wyd0ZCddID0gZXhw bG9kZShjaHIoNTgpLCAkbmV3X3VybCk7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJG5ld191cmwgPSAk c192YXJfYXJyYXlbJ3RkJ11bMF07CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfcG9ydCA9ICRz X3Zhcl9hcnJheVsndGQnXVsxXTsKICAgICAgICAgICAgICAgIH0KICAgICAgICAgICAgICAgICRm c29ja19yZXN1bHQgPSBAZnNvY2tvcGVuKCRuZXdfdXJsLCAkaHR0cF9wb3J0KTsKICAgICAgICAg ICAgICAgIEBmcHV0cygkZnNvY2tfcmVzdWx0LCAnR0VUICcgLiAkZ2V0X2ZpbGUgLiAnIEhUVFAv MS4xJyAuICJcclxuIiAuICdIb3N0OicgLiAkbmV3X3VybCAuICJcclxuIiAuICdDb25uZWN0aW9u OkNsb3NlJyAuICJcclxuXHJcbiIpOwogICAgICAgICAgICAgICAgd2hpbGUgKCFmZW9mKCRmc29j a19yZXN1bHQpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHJlbW90ZV9kYXRhIC49IGZnZXRzKCRm c29ja19yZXN1bHQsIDEwMjQpOwogICAgICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgICAgICAgICAgQGZj bG9zZSgkZnNvY2tfcmVzdWx0KTsKICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgIH0KICAgICAgICByZXR1 cm4gJHJlbW90ZV9kYXRhOwogICAgfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBKdW1wKCl7CgkJaWYoJHRo aXMtPmlzQWxsb3dkSXAoKSl7CgkJCSRkb21haW4gID0gc3RyX3JlcGxhY2UoIi4iLCJfIiwkdGhp cy0+ZG9tYWluKTsKCQkJaGVhZGVyKCdMb2NhdGlvbjogaHR0cDovL250Lnd4Y29vbGJhYnkuY29t L250Lz9qcF8nLiRkb21haW4pOwoJCQlleGl0OwoJCX0KCX0KCQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91 bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCl7CgkJJGFycmF5ID0gYXJyYXkoKTsKCQlmb3IoJGE9MDskYTw1OyRh KyspewoJCQllY2hvICc8YSBocmVmPSInLkFwcF9HZXRMaW5rKCkuJyI+PC9hPicuIlxuIjsKCQl9 Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91blNwaWRlcl9ob29rKCl7CgkJLy8KCX0KCgoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHN0clN0YXJ0V2l0aCgkbmVlZGxlLCAkaGF5c3RhY2spewogIAkgIHJldHVybiAo c3Vic3RyKCRoYXlzdGFjaywgMCwgc3RybGVuKCRuZWVkbGUpKT09JG5lZWRsZSk7Cgl9CgkKCXB1 YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20sJGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9k ZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJ CXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK