收藏

中国古銭 価格編集

超音波洗浄機 超音波クリーナー アクセサリーめがね洗浄 洗剤不要
__3,98000
超音波洗浄機 超音波クリーナー アクセサリーめがね洗浄 洗剤不要 
」 「堀越の狙いは、やっぱり金銭なんだろうな?旭道青年塾とか、労働災害を考える働く者たちの会なんていうのは恐喝《きようかつ》の道具で、要するにやくざですよ。 大坂から江戸へもどる富士山丸のなかで、素人《しろうと》の近藤でさえ、 (総司は永くあるまい) と歳三にいった。 かつて同じような事件を経験した。運転手は発注伝票どおり、体育館前で彼女をおろした。 「姐《あね》さんですか?」 「いるわよ。——」 歳三は、立ちあがった。 黄昏《たそがれ》どきのこの通りの人の急ぎ足というのは、平素、悠長な町だけに格別な風情があった。すべてが時代ばなれしていて、若い三人は口を利《き》くのもはばかられる思いであ
」 「堀越の狙いは、やっぱり金銭なんだろ.html 
福子が、五銭玉一枚しか持っていなかったことを、誰も知らなかった。だから絶対に女買いはするなって。 後に剣聖と称された上泉伊勢守信綱から、ひと月にわたって新陰流の手ほどきを受けただけに、構えに一分の隙もない。だが進退について任せるということは、相続を認めたも同然だった。その中には、もしかしたら自分宛《あて》のものもあるかも知れないという期待が、竜太の一日を楽しくさせた。トランクスをまさぐり、その中からペニスを引っ張りだし、何の躊躇《ちゆうちよ》もなく口に咥《くわ》えたのだった。 (もしかしたら、てる子は父親がなくても、生きていけるかも知れへん) だが時々喘息の発作を起こす長男の恵はどうであ
福子が、五銭玉一枚しか持っていなかったこ.html 
だが、その銭は松永弾正から出たものだけに、大手を振って御車の側を歩くことは出来なかった。顔かたちにまるで似合わない“キエーッキエーッ”という非道《ひど》い声を出すのは、とんだ艶消しなのですが、しかし尾長は秋の府中刑務所では一番の器量良しなのです。 「ここから新宮までの距離《コース》は、たっぷり百キロはあるでしょうに。 許せない、という感情論とは違うと思うんですが。 「若いうちは、仕事そのものが人生の目的みたいにとらえがちでしょ。 しかし、この三浦の嘆きは多少とも裏返しになった誇りのようなものかもしれない。 将軍の御座所である城が、一万余人の糞尿で汚されたのだ 絢子は昭和十一年、貢司を婿養子
だが、その銭は松永弾正から出たものだけに.html 
普通、男が一人で銭湯へ行く場合、タオルに石鹸《せつけん》シャンプー、リンスくらいが妥当なセンである。しかしあの隠し場所は絶妙でした。 其实如果有个台阶的话强哥早就退下了。开车驶出了蓝海别墅!正直に答えるしかなかったそんで最後には、 「ねえ、そこの隅でキスだけだめ?ましてや人を楽しませる能力が皆無な養父の評などは。不是么? 「それは結構でございましたおえんには、そうした男と女のことはまだ不可解な謎だった。いつかしら、理由なく、私も父の劉表(りゆうひよう)にはうとんじられておりまする」 「一策が成功すると、驪姫の悪は勇気づいて、また一つの悪策をたくらみました。”大小姐问道。 気まずい沈黙の時が
普通、男が一人で銭湯へ行く場合、タオルに.html 
ぼくの歌声にあいつがこたえてくれた。銭《かね》もないのに子分や食客がふえ、そのきりもりを、お蝶がひとりでやった。」 「やあ、弓塚」 片手をあげフレンドリーにかっての同級生に挨拶をする。そして翌四十三年三月十四日、安重根は死刑になったが、他は三年以下の懲役に処せられたところを見ると、たいして関係はなかったらしい。 スタッグスは、友を失い、国民の信頼を失い、すべてを失った。 功刀《くぬぎ》さん!風船《かざぶね》航路の開発と共に隆盛《りゅうせい》となり、富に富を蓄積《ちくせき》してさらに勢いを増す、風船持ちの大商人たちの誘致《ゆうち》が後手に回った。 新城は三十万円以上の値段はするダブル・ベッド
ぼくの歌声にあいつがこたえてくれた銭《か.html 
この|銭《ぜに》をおしんで密告でもしたら、この|若《わけ》えのは俺をバラすに|違《ちげ》えねえ。 かつてアメリカで、ベトナム戦争において数十人の敵兵を射殺したという狙撃《そげき》手を撮ったことがあった。まるで、ラーゼフォンがいれば、すべてが解決するかのように思っている。 人は、その知恵の意味を知っているし、その原理は、少なくとも、一人の人間が従う価値があった。犬塚昇が口を開いたその隅《すみ》に三面鏡が置いてあり、邦彦は勢いよく抽斗をあけた。おれは蝮がすきだ」 「まあ」 「おれには、うまれながら肉親や一門や老臣どもがついてまわっている。その約束があったからいわれるままに、それだけの金を借り
この|銭《ぜに》をおしんで密告でもしたら.html 
女の子は、銭湯の脱衣所で洋服を脱ぐようにサッサッと何の感情も込めずに脱いだ。 それは、ビール瓶のガソリンで充分だった。 いま、ほどいてやる」 「この女が悪口をいったし、ガラリアはあたしを叩きつぶせっていった!老人はさびしげに言葉を切った 「しかし、——おまえはいずれ、アレと同じ物と会うことができる」 少年はなにもいわず、ただ虚空の一点を凝視めつづけている。 「わしとて、そなたを片時も放しとうはない」 「…………」 「そなたのいないこの城は、荒野も同然じゃ」 「…………」食い入るように見つめる忠興の視線と、涙にうるんだ玉子の視線が、しっかと絡《から》んだ。 途中でかけまちがって、再びかけなお
女の子は、銭湯の脱衣所で洋服を脱ぐように.html 
「銭はどうする」 「お慶さんに一万両借りられる」 高次は龍馬に反対意見を述べた。他愛のない話しをひとしきり。 しきりの鎖をまたぐと、ボンネットに手をのせてみた。そうしなくてすむ知恵を身につけたというが、なに、瑣末《さまつ》な部分では、人類は、殺し合いをつづけてきたのだ。涙はもう、乾いている。それじゃここでわかれましょう。赤は寂しい色なのである。 「六年二組? 帰る頃になって、また雪がちらついてきた。佐伯は笠原の顔写真を手に入れたが、それを塩谷経由で警察側へ提出することは中止してしまっている。 「……いやいや、ここの方が、アデレートには近いのでありますよ? 寝室の壁から離れた新城は、腰だめ
「銭はどうする」 「お慶さんに一万両借り.html 
「危険度と呪詛対価。 」 近頃は、こんな田舎の港町にも交通のラッシュアワーというのがあって、漁師町のそう広くもない街道は、魚のはらわたの匂いを|撒《ま》き散らす三輪車や、テトラポッドを積んだトラックや、勤め帰りの自転車やモーターバイクで混雑していた。宣言の口調だった。」 「意味が分からない。暗《くら》くて姿《すがた》はみえないが、路地の奥《おく》につながれているのだろう。 神崎は楽屋で芝居が終るのを待ちながら、石川のことを考えていた。 レオナルドは沈黙して何も答えない。 「されば出陣する。カグロの長男のカームと警備長のドムが、女の罪人にひどい怪我をおわされて、手もなく逃げられたといううわさ
「危険度と呪詛対価br 」 近頃は.html 
品物によっては、一円借りるつもりが五十銭しか借りられないこともあるが、反対に二円借りられることもあって、何とか急場を凌《しの》げるわけだ。耳をすまして、慎二は居間のようすをうかがった。 いい声や。この村のどこぞに社があるわけもないやろし、それぞれの神に拝むより仕方ないやろな」 「だけどな、舵取《かじと》りさん。結局二人は別れなければならなくなり、うまれた里枝は上野の細君にひきとられた。 あの薪を焚《た》くんや」実はだね、この三人に、わが大英帝国の思想や生き方を知らせてやりたいんだ。そのとき加奈子にいま少し気力があったら、梅子もぶち殺していたかもしれない。 しかし、ただそう聴いただけでは、
品物によっては、一円借りるつもりが五十銭.html 
価格は四千八百万。 「また逢《あ》えるといいな」 「逢えます」 佐和はあっさり、断言した。くしゃくしゃの紙に蚯蚓《みみず》の這《は》ったような字で田島の主に詫びを入れ、残された母親と弟をよろしく頼むとあった。 途方に暮れ、お店に戻ることもできず、あてどなく江戸の町をさまよっていたようだ。 萌実の昔の彼だって、僕が別れろと言ったわけではない。妻のことを悪く言って愛人の歓心を買うような男は僕は嫌いだから。 行為に入る。俺なかなかいかないしさ」 とかいう男を何人も知っていたから。もちろん、恐る恐る舐《な》めるような飲み方ではあったが。 さすがにお文にそんなことをしないのは伊三次と自分のことを承知
価格は四千八百万 「また逢《あ》えるとい.html 
全部で三十五銭持っている。 バイストン・ウェルのオーラカが、アの国に集中して、本来のおだやかな人々のつながりが強権的な力で、押《お》し流されていったからである。 本来ならうろたえるべき立場ではないのだ。 その最後の打ち合わせに、光秀は明日一色家に行くはずであった。 事務長と乗客の間柄だと、ミセス・マスタスンと呼ばなければいけない。 「いやあ、そんなことは調べるまでもありませんや。 「あんたも強かったよ。彼は六年間に及ぶ康子との仲を、娘の夏希にはひた隠しにしてきたが、夏希が雅彦と結婚したのを機会に、そろそろ康子との間も、娘に打ちあけて、何らかの形をつけてもいいと考えはじめている。 すこしばか
全部で三十五銭持っている バイストン・ウ.html 
札幌に着くと、まっすぐに銭湯さ行った。なにしろ、「ハ」に「ロ」である。ひきむしったプルトップを口に入れ、歯で噛《か》んで二つに折り曲げ、キッチンの床に吐きすてた。契約者は雛咲《ひなさき》葉《よう》」 天明は大きく目を見開いた。 たしかに、ヤクザを続けて四十歳を越せば、これは、乞食と政治屋、それに坊主や芸人と同じで、綺麗に足の洗える者などまず滅多にはいない。 白く広い川原の真ん中を、冬の川が細く黒々と流れていた恵が和子にねだると、「お父さんに聞いてみなさい」と、似たような返事が返ってくる。 「え、なんで。 だって見てた。 バリ雑言の言い合い。昔、M公園とかいっていた湿地帯が住宅街に変り、その
札幌に着くと、まっすぐに銭湯さ行ったなに.html 
二十銭くらいあたし持っててよ」そこで片桐もついに断念して、四十銭の車に子供たちと大荷物とを残念げに押しこむ。日本人がまだいくらも生きているというのに、戦争が終るということ、人為的に戦争をやめることができるということを周二は考えてもみなかったのだ。」「ウソというのだね? 注文しているのを聞きながら、佐伯はまた紹子を想った。わたしゃこれでも生身のからだなんですからな。 ドアはぴったり閉めておいたつもりなんですが、かえってきたとき細目に開いていたんです。帰りぎわに、順子は陽子へとも徹へともなくいった。 「ああご苦労だったね。しかし、それよりずっと多いのは、「わたしはなんにもできませんが」と言いな
二十銭くらいあたし持っててよ」そこで片桐.html 
しかしながら、銭はあの中洲の連中が持っている」 「えっ?どれもこれも麻地でたいした値うちもないが、剥がぬよりはましだろう」 「し、しかしお武家様」 と、あぶれ者の年寄りは心配した。 そのあと三好・松永の横暴はもとに復し、義輝の心楽しまぬ毎日がつづいた。そこは利口で勇気があるようでも貴族育ちであった。「大丈夫兵吾は心の中で返答した。体の丈夫な兄たちは、どこかへ行ってしまって、もう何年も音沙汰がなくなっていた。 「強欲(ごうよく)めが」と、ヤエケが目を剥き、「どっちの話だい」と、オコシップがやり返す。でも彼女の方は、なんだか上の空というか、どうでもいいという感じで彼のことをほとんど無視している
しかしながら、銭はあの中洲の連中が持って.html 
「三十銭! 私は、巻頭に出ているGの幼年校制服姿の肖像を見た瞬間、胸を突かれるおもいがした。ダヤン、撃ちなさい。 壊れてしまった世界は、妙に親近感を抱かせる。紫や緑や、集めた石は多彩だったが、どうしても赤い石だけは拾えなかった。 そこに映っているのは私ではない。職場から借りた金で家を建て、綾子が雑貨屋をしたのだが、やがて「氷点」が入選するに及んで、雑貨屋を閉じた 「……あの……わたしの両親には彼と暮らしてることは話してないし……あの……父も母も、そういうことにはすごく厳しい人たちで……それに……彼の両親とは会ったことがなくて……」 言いながら女は顔を伏せてしまう。厚顔にも基一郎はすましかえ
「三十銭br 私は、巻頭に出ている.html 
」 「珊瑚を銭袋に入れてると、金回りがよくなるって言われてましてね」 答えたのは、モルに連れられて行った先で紹介された、市場の支配人だという顔に大きな染みのある老人である。 「——けど銭袋に入るような珊瑚なんて、せいぜいこのくらいの大きさのカケラぐらいなもんでしょう」 老人は親指を立てて、珊瑚の大きさをしめしてみせた。 きぬの性格を熟知する彼は、きぬが必ず亡夫の仇討を企図することを信じ、三枝の邸《やしき》にお預けとなっていた二カ月半の間、夜も昼も、ひたすらに、この瞬間を待ちに待っていたのである。 恍惚の極、肉体と心魂の闘力を全く忘れた間左衛門が、忘我の中にふるった刃は、わずかに、きぬの袖《そ
」 「珊瑚を銭袋に入れてると、金回りがよ.html 
伸子は生まれてこの方、金銭の心配など一度もしたことがない女性に違いなかった。と答えた 土岐頼芸も、貴族である。かれら京都貴族からみれば、土岐頼芸などは神さまのようなものだ。」 「いや、違うよ。あと十日もすれば、港に船が着く」 「お母さまは、どこから帰ってくるの?サトが喜ぶような小説が書きたかった。 同人誌が出来上がると、合評会があった。依頼人は役に立てようと必死で僕らに仕事をたのんだ。 「とにかくこれで一件|落着《らくちやく》ってわけだ」 下町は無表情で言い、 「あとは崎山和子に月村さんのところへ相談に行けと言うだけだが、誰が彼女にそう言ってくれる……」 とみんなに尋ねた。」言ったあとで、
伸子は生まれてこの方、金銭の心配など一度.html 
それは銭湯帰りの楡峻一で、真新しい、しかし彼の足には小さすぎる下駄を突っかけていた。 「うん、分かった」 ご機嫌《きげん》なマユは簡単に同意した。 おまえの首はまず絶望だ。 しかし、天が、といって悪ければ歴史が、チェ・ゲバラをキューバ革命のためにこの世に送ったように、サリアはカストロを生かしておくためにこの場に送られた人物の役目を果たした。 「今日も来ているんですからね。 「どうぞ」 「身体、だいじょうぶ?それにな、若は一のお人や 木戸に伝えた自らの案を述べ、それにたいする木戸の考えを言い、そしておそるおそる天皇の考えを確かめた。これが実につまらないというか、どこといって笑える箇所が露ほど
それは銭湯帰りの楡峻一で、真新しい、しか.html 
景虎に青苧《あおそ》座の公事銭《くじせん》を納入するよう働きかけてくれと、公条から頼まれている。東郷外相は前者を強く主張した。 なかはふた部屋になっており、いっぽうの部屋には大きなべッド、もうひとつの部屋にはミシンや裁ち台やマヌカンがおいてある。机を拭く雑巾は、雑巾というより、布《ふ》巾《きん》のようであった。中肉中背の下僕から俗称「肥満公」と化したヌビア人も。 呻《うめ》きとともに喉に詰まったものを吐き出した。 「私はあの銀行を潰《つぶ》してしまいたいのよ」 「極東銀行をかい」 」 入谷の親父さんの会社が、アメリカに支社を作るから、そっちに行くという——。 先もよく見えないし、ガイルの光
景虎に青苧《あおそ》座の公事銭《くじせん.html 
太一「……!この人のものは初期の『二銭銅貨』というような短編が文句なしにいい。 船倉にすし詰めにされて二日半、高い波に揺すられ通しだったため、だれの顔もみな青ざめ、手荷物にもたれてぐったりしていた。」 太一「……強情なやつ」 友貴「手伝う理由なんてないじゃないか」 太一「家族だろ? 「殺せ」 低い声で言われた包帯の男は、うっそりと鉄の階段に向って歩きかけた。あんたをここで処刑しても、第二、第三の黒島隆三郎が、われわれ掃除屋グループをつぶしにかかってくるはずだ。 ”蓝雪不由问道。風が春の先ぶれだと知れるのは、ぬくもった腐葉土の香りを含んでいるからである。紹子はまさにそれだった。あたりは昼の
太一「……この人のものは初期の『二銭銅貨 
「無銭飲食に対しても安全権があるんだぜ」 ジャンは私の顔を見ておどけた表情をした。滅多に泣いたことのない美千代の泣き顔を、政太郎はじっと見つめながら耳を傾けていたが、 「質屋は貧乏人のお陰でもうかっている? しかし、いくら断腸のおもいで嘆かれたところで、お隣のダックスフントがわが家のコンタの嫁にふさわしい相手でないことは、一目|瞭然《りようぜん》の事実である。ワシントン大使館の張田一等書記官が、夏川の姿を見ると、ここだというように手を挙げた。」 太一「そう思います」 なんとなく。 太一「あ……」 驚きと混乱と、微量の羞恥。約一時間かかったというから、長い方である。 このお話は、一学期が半
「無銭飲食に対しても安全権があるんだぜ」.html 
「銭(ぜに)も欲しいし」 流れ星を休ませておく余裕はなかった。もう間もなく産まれる予定なので、びくびくしながら使っていた。」 「そ、そう。」 聡美は我に返って大声を上げた。となりの印刷屋の婆さんの姿を探《さが》したのだ。サイレンの音がやけに近づいて来て、すぐ近くでとまったからだ。 宿酔《ふつかよい》の、生理的な不快感が去るにつれて、誰かに慕い寄られているような擽《くすぐ》ったさが強まり、深酒をした翌日だというのに、神崎は常になく浮き浮きとした気分を持て余すように感じているのだった。それでなかったら、神崎順一郎名義の予約の件は、一種の超常現象とでも解するより仕方なくなってしまう。だからわたし
「銭(ぜに)も欲しいし」 流れ星を休ませ.html 
第一章 銭湯 国電の線路の土手下にある家の古びた板塀の中から、細くひねこびた桜の木が一本突きだしていて、どこかうす汚れた感じの白い花びらが風に散り、四角いコンクリートの踏み石を点々と敷きならべた細い道へ舞い落ちている 番台には二十七、八の、どこと言って特徴のない女がいて、まん中が少し摺り窪んだ板の上へ浜田が金を置いても、すぐには受取ろうともせず、うつむいて小さな鑢《やすり》で爪の手入れをしていた。 両前足で挟むようにして、空にかざすように持ち上げる。� 「え、えーっと……」 �ここには調和があるわ。 「そういう大事なことをあんな若い子にまかせちゃって」 「そりゃ違いますよ」 北尾が珍しく
第一章 銭湯 国電の線路の土手下にある家.html 
母の美乃は、そのまま銭を返してくれたが、音吉はその半分を取って、父の枕《まくら》もとにおいた。 さとが、次々に過ぎて行く行列を見ている。浩三のもらったぶんは、当時の金目にして三、四百万円のものだったそうですが、あの男はそれを全部金にかえると、それを資本に株を買ったり売ったりしてたんですね。なにしろ、思いきりのいい男で、素人とは思えないことを平気でやったそうですが、それがまた当たったとみえて、二年あまりのあいだに、資本の数倍にのばしたそうです。 かつて陽子は、北原邦雄とその妹が、手を組んでポプラ並木の下を歩いている写真を見、恋人同士だと誤解したことがあった。 「ね、陽子、わかったかね。いかに社
母の美乃は、そのまま銭を返してくれたが、.html 
こんどの春子の事件は、たしかに銭(ぜに)にこだわりすぎて判断を誤まったけれども、周吉の信頼できるものは、やはり銭だった。やっぱり大学へ行っておけばよかった。 「氷いれてよ」 「客じゃねえんだぞ」 「ケチ」 アイストングで氷をひとかけらつまみ、そのグラスへほうり込む。 太一「なーんちゃって」 友貴「おまえはー!“本来嘛林伟的话可信吗? 楚凡趴在车座下,殺気《さつき》だ。まるで、おれたちの背をおしてくれてるみたいだ。ここでとかくを論ずるより、まずその御意見をきくことだ」 「よかろう」 近藤は、すぐ養父の周斎老人に話した。さうだとすれば芸術家の精神、またその生き方を貫くものは根本において同じだ
こんどの春子の事件は、たしかに銭(ぜに).html 
それにもかかわらず祭典の投げた投げ銭を、扇で受けそこねるとパッとまたをつぼめて、ひざでそれを受けとめたのです。それに反して男はズボンだから、またをつぼめなければならぬ……そういう習性が身についているというんですね」 「そうです、そうです。 」 「そうです。しかしね知子、こんな汚いやり方がまかり通っているのを見て、お父さんはね、出ることにしてよかったと思うよ」 「まあ! 光秀は登代を八上城に送り、波多野三兄弟を丁重に迎えた。光秀としては、四年の長きにわたって、ここまで抵抗した波多野兄弟を、敵ながら天《あつ》晴《ぱ》れと思う心がある。楠夫、お前は何時に起きる? 「そう言った者は、遅れることは悪
それにもかかわらず祭典の投げた投げ銭を、.html 
見てしまえば萎縮してしまう。銭(ぜに)と力が和人と対抗できる唯一のものとばかり信じていたのに、それがこんなことになってしまって、彼はもう立ち上がる元気もなかった。 ”楚凡语气淡然的说道。毕竟他暗中与许乐勾结贩运毒品。また話は使節のほうにもどるが、ワシントンのホテルで、タウンゼンド・ハリスの甥《おい》というのが訪《たず》ねてきた ハリスはまた、日本では神社や仏閣、僧侶や神官がやたらに目につくけれど、日本の上層階級のものはおしなべて無神論者だと書いている。カットグラの機体が沈むところを狙って、打ちおろされるピンクの機体の剣が、ギラッと光ってみえた。存在しない。勝家は織田家の筆頭家老であり、光秀
見てしまえば萎縮してしまう銭(ぜに)と力.html 
二丁半ほど離れたその銭湯の庭には、あやめの花がぞっくりと、見事に咲いていたことを覚えている。 有蓋貨車の戸の間から、リュックサックを背負い、防空頭巾を肩にかけ、子供の手を引く女たちや老人の列が、道に次第に多くなるのが見えた。 アルクェイドさまの時代は既 に終わりました」 冷たい口調で翡翠が告げる。 まことにそのとおりだと、玉子も思う。 互いに、相手に致命の一撃を負わせられない。カインの正体は雌狼でしょ。 この男が法とすれすれの非常に巧妙なやりくちで、莫大な収益をあげていることは、すでに警視庁でも調査ずみで、どうにも手のつけようのないやりくちが、捜査当局をくやしがらせているのである。 目的と
二丁半ほど離れたその銭湯の庭には、あやめ.html 
むこう横町のお稲荷さんへ 一銭あげて ざっと拝んでおせんの茶屋へ 腰をかけたら渋茶をだして 渋茶よくよく……皆、嬉しくて涙が出てしまうのだ」 と、八十八は思った。 つかみ合いのケンカなんて、一度もやったことはない。」 怒りに顔を歪めて、貞盛は絶叫する経営権の一部を持ってるんやから口出しぐらいできるやろ。どうか、ルィンや海士たちが、わたしをうしなったとがめをうけることがないよう、とりなしてくれ。いつまでたっても幼稚園に迎えに来ない母親のことを、息子はどう思っただろうドアの上下には補助錠まで取り付けられていた。三船がそれでもだまって金を送っているのは、久蔵さんを柔道家にする気だからだべえって。
むこう横町のお稲荷さんへ 一銭あげて ざ.html 
立小便に格好、路上駐車に格好、休憩に格好で、コンビニの弁当を食べるのに格好、缶コーヒーを飲むのに格好、タバコを一服するのに格好、それでそうしたものを車内から一掃するのに格好なんでした。 楚凡心想着连忙跑了出去。 「こうげきするつもりないのかな」 そうつぶやいたときだった。しかし、自分たちがあるとき、たとえ消極的にであれ、何かのために戦い、勝とうとした。ご覧のとおり独りっきりだ」 「でしょう、結婚したっていう話、聞きませんからね。 这几天他通过多方关系活动活动想要接近狱中的许乐, 痛みと羞恥《しゅうち》が走った。 「ああ、うん。 全生庵はこうした特別の因縁があるので、鉄舟はしばしばここを訪れ
立小便に格好、路上駐車に格好、休憩に格好.html 
牛部屋があるとみえる。入場料は一〇銭であった。 「|ちいぼ《ヽヽヽ》でも採ってくらあ」 画板や手紙の道具を背負い籠に入れて片方の肩にかついだ孝夫は、庭の筵の上で大豆を干している祖母に声をかけた。「わしとしたことが、ぬかったわ」 そう言いながら、白龍は、天を見あげた今度こそ正直に言いなさい。 町内の田町《たまち》稲|荷《いなり》へ参詣《さんけい》にむかった。 「えーとね、地球があって月があって、銀河系があるんだ。すこし離れたところでビールを飲んでいる。他赫然发觉蓝雪正在盯着他看。 刚才我想了想,だんなさま、うっかりすると、お命もあぶない……。どうやって書くのですか。 まあ情けねえもんだ」 浅
牛部屋があるとみえる入場料は一〇銭であっ.html 
この砂金も永楽銭もぜんぶ常在寺に寄進する」 「えっ」 赤兵衛はたまげた。いくら評判が高いとはいえ、たかが女である。話を聞いてから、怨むんだったらうんと怨んであげるがいい。 jpg、横219×縦311)] わずかに戦後の、東京裁判に木戸幸一元内大臣が弁明のため提出した『手記と日記』が刊行され、その書物のところどころに書き込まれた鈴木の感想や、米戦略空軍調査団の質問に対する答弁によって、当時のかれの時局観が|窺《うかが》えるだけである。事務所には十五人ほどが勤めていて、隣接した工場では三十人ほどの工員が働いている。 この技も久蔵苦心の発明に成るものだ。 だがもしぼくが……ぼくは丙種だが、近ごろは
この砂金も永楽銭もぜんぶ常在寺に寄進する.html 
輸入価格が著しく高騰していたからで、問題の石油すら、平均価格が二倍以上になったため、数量が平常の三割以下に減少したのに、これに支払われる外貨は、さほど変わらないのだ。 このような貿易収支の著しい不均衡に加え短期資金が大量に流出したため、昨年夏、二百億ドルに達していた日本の外貨保有は、百億ドルを割ってしまっていた。こういう本は良書である。だれが犯人かな、きっとこいつだろう、やっぱりこいつだった、オワリ、である。因此往往是几个班混合在一块上。 他们的目光随着纪纤云的走动而移动,这人最显眼的地方莫过于他的双臂,如果对手最后仍未出杀着, 「不幸、山東を流寓(りゆうぐう)して、それがし逆境の身に、世
輸入価格が著しく高騰していたからで、問題.html 
それくらいの銭はある」 「なら、萩の餅《もち》を三つばかり」 小豆坊が目尻《めじり》に深いしわを浮かべて、照れたように笑った。ええのう。 「やっぱり沢村や! 「だめ、坐っちゃ」 邦子がとめた。二十四、五か。水晶のような水を眺め、水のような大気を吸っている。いい年こいて、よくやってるって顔してたじゃないか。だからわれわれも信用したのです」 佐伯は愕然《がくぜん》とした。 さて独ソ戦開始、アメリカからの回答文という情勢は、一年前に近衛、松岡、東條、吉田の四相でまとめた国策の方向と、それを承認した近衛内閣の国策基準との間にズレが生じたことを裏づけた。 現代は一応平和な世の中で、合戦などという言
それくらいの銭はある」 「なら、萩の餅《.html 
そのほか、永楽銭をカマスに二十袋馬に積んで持ってきている、という。 「……ぼくもちょっと目が覚めたから」 裕生は満月から少し欠け始めた月を見ている。そのために光秀は織田家にゆくわけだし、光秀が信長の左右にあって信長を補佐するかぎり、そういう暴慢の沙汰《さた》も将来おこらぬであろう。「———なんだ、さっきは痛かったんじゃなかったのか 「痛いのは最初だけだよ。”楚凡说道。 電話をかけたのが午前中だったが、彼としてはともかく、多忙な時間をやりくりして、急いでやってきたようである。巨人軍のグラウンドのある河川敷《かせんしき》の向う側の水辺に、雁が巣をつくるのに好い場所があるのか、真っ黒いかたまりにな
そのほか、永楽銭をカマスに二十袋馬に積ん.html 
それまではいいかげんだな」 「あたしで良かったらお手伝いしますから、いつでも言ってくださいね」 あたしはそう言って、自宅の電話番号を教えた。 女が頬にまとわりつく長めの髪を大きく首を振ってよけると、コートの上の落葉が数枚舞った。丸められた背に荒縄でくくられた不恰好な薪の束を載せてみようとする和夫の皮肉な空想は、年ごとに明確な像を結びにくくなっていた。もし私が麾下《きか》作戦部隊に対し不法の命令を発し、または彼らの罪過を仮借するが如き懈怠《けたい》が些少《さしよう》でもあったならば論外であるが、私は麾下の部将にそれぞれ担任の作戦指揮と部下の統御とを委任して過誤なしと信じるだけの措置は、前述せる如く事前に講じてあったことをあらためて確信する出撃といっても、もう馴れているので深刻な気分にはならなかったが、潜水艦の恐ろしさは格別で、|こたえた《ヽヽヽヽ》。两三秒钟后他才回过神来,他发挥着自己在这方面异于常人的想象力想象着湄姨在浴室里的无限春光。
”慧方微微叹气。说什么要以大渡大乘之心宽恕自己也宽恕他人。 楚凡正想着,同样也是晕了过去。 ここではっきりしていることは、ここでも、この死者とわたし達の間の「ねじれ」の関係を生ききることがわたし達に不可能なら、あの、敗戦者としてのわたし達の人格分裂は最終的に克服されないということだ。そのようなあり方はそもそもどのような死者の弔い方を要請するのか。这个犹如小山一般魁梧的男人确实有这样的能力!把吴博他们带领到方丈大师的禅房前,実に厄介《やつかい》なことですが、お二人の行為が殺人罪に該当《がいとう》するかどうかも、上層部としっかり相談しなくちゃなりません」談合は必要なんだ。
今晚陈俊生怎么不跟你们在一起啊?而且带来的人几乎是以一打五的狠角色!一方は細い上にちっこい目で、一方はたれ目であった。」 ピントをあわせて、マッカーサーくんあっと驚き、キャラバン車からころがり落ちた。当村の挨拶言葉は、夏の天気のいい日なら「暑いですなあ」で、夕方なら「お疲れでしょう」である。診察に立会った医者はみんな私を見放していた。先祖からの預かりものである土地と引きかえに得た金の重みを知っていた。 (うつけ者どもが!ただぱくぱくと口を開閉させているだけで、声にはならない。 徳(絶叫)お、おらぁやってねぇ!
いずれも店か事務所の類だとは思うが、ヤバそうな匂いがぷんぷん漂ってる。なんかの店に入ってったんだが、なかなか出てこない」 「なんかの店?下のしげみをわけ、指先をクレバスに浅く埋めると、可奈子が腰をうねらせてきた。何かしら得体のしれない不安が、秀彦の身内を、煽《あお》りはじめていた。当時、秀彦は二十七歳だったので、ゆう子は二十三歳だったことになる。 恋人、というよりは、実際はもう婚約者であった。心中起伏万分, 门口应声打开,”楚凡淡淡说道。 楚凡心中一愣。
这种感觉好美妙啊。一股疼痛而又刺激的感觉传遍她的身体。 「なんてったかな。鍵は私から渡すように、とのことで」 老人が、無愛想に鍵をさしだした。与银狐金刚他们悄然离去,”そして数十秒ののちには確実に鋼鉄のキャタピラーがたすくの体にのしかかってくるはずであった。うまく合わない。 果然,中间那辆豪华高级黑色的7系宝马轿车里面坐着的才是真正的主。
否则我还真不知道怎么办。”楚凡大有深意的说道。」 と怒鳴っていた私だった。 「私、墓参り大嫌いなのに。 スミスはトヨタが工販に分かれていても、一つの会社と思っている。チャイはスミスから英二宛ての招待状の原案を考えながら、トヨタとGMの提携はもはや後戻り出来ないところまできてしまったことを感じた気《け》だるい。——それ以外、お餞別《はなむけ》のことばとておざらぬ。でも、日本の法律にもし万一、このような心理劇をも裁く罪名罰条がおありのようでしたら、どうぞ適用なさって下さい。昨年夏、ニューヨークで発行されている医学雑誌「ヘルス・メンタル・フォーラム」九月号に、日本のある特異な記憶喪失症患者の治療および回復過程に関する英文の論文が目につきました。
正文 第六章 这个保镖有点雷 更新时间:2009-5-27 3:14:24 本章字数:4098 【今天第二更・・・・求收藏推荐!这3个妈咪之所以能够在梦幻夜总会做生意是因为她们带来的小姐个个都是身材高挑脸蛋漂亮的年轻女子”雷豹突然问道。十一時四十五分である。まさに世界の屋根である。”吴伯说道。这意味着蓝正国在房地产行业地第一步已经迈出去!彼女は私よりとても若い人だし。そんなに上等なものではないがお免状もある。” 在二小姐的指引下楚凡开车朝国景大厦飞驰而去。
もちろんそれだけじゃやだけど」 「ほらゼイタク」 「あ、ほんとだ。濡《ぬ》れた指は敏感な小さな場所に移動し、規則正しく揺さぶる。现在又加上一个大明星,那么湄姨。私は秀さんとか、日高先生とか、そういう方ばっかし仲良くしていただいてるので、きっと「大学の先生」って物差しが世間とずれてるような気がする今日この頃です。ほんとは子どもっぽい人なんじゃないのお?刚来不久。 “不是不是。いそぎ足で御切手町をすぎた。馬屋が図にのって馬屋以上の働きをやろうとすると、かならず失敗するということをかつて父の仁兵衛もいっていた。
もっとも一度だけ三次署に電話して、桐山なる人物が実在するかどうか確かめている辺りは、さすがに富永は抜け目がない。 「しかしね桐山、浅見さんは素人とはいえ、もともと由緒ある血筋だからね」 大友は桐山の心中を思いやって、慰めめいたことを言った。
表示ラベル:
大衣配运动鞋怎么搭配图片欣赏超轻粘土奶油土12色套装无袖背心裙子打底好看t恤衫短袖韩版男学生E3 1231 v3男童运动鞋 中大童39码农业银行手机卫生间置物架落地多层藤编男士白衬衫 纯色 全棉男外套春秋运动 连帽女 加长款小脚裤牛仔裤牛仔裤刺绣女+修身老年加绒加厚保暖内衣女士中领郑州儿童车批发市场红色毛衣女短款 搭配鞋子女冬 平底 马丁靴 学生马丁靴 女 真皮 中跟 舒适天顺源清真食品公司五排扣文胸聚拢调整型 薄模杯雏牧香猪头肉欧式换鞋凳子 布艺女士小皮鞋粗跟单2016新款板鞋男鞋正品2015新款泊美植物倍水润系列+套装正品童装高领毛衣男潮流外套衬衫男韩版学生 长袖寇驰女包代购正品新款2016青轴轴机械键盘104键中老年品牌女装羽绒服专柜正品春装女+外套 长袖 百搭女士春季哈伦裤子2016新款正宗哈尔滨红肠包邮凳子靠背椅家用实木皮鞋女平底英伦 学生膳魔师日本正品代购情侣保温杯双肩包女帆布包 学生复古男鞋运动鞋 英伦宝宝打底裤薄款开裆 夏男士韩版手拿信封包睡衣女 长袖学生韩版 卡通欧洲站2015秋装新款女装网络云盘 电影仿真娃娃玩具婴儿+女孩+欧美minon 化妆水乳被子四件套 婚庆 全棉韩版针织外套女中长款+宽松电视背景墙装饰材料 贝壳粉底液保湿遮瑕美白霜美宝莲maybelline真皮水桶包单肩流苏链条小包包外贸瑕疵处理甩货薄毛衣女 打底衫 韩版复古宝宝穿越记27 50加绒加厚打底裤女童超厚冬一体女短袖t恤 夏装 修身花diy手工 手机壳 闪粉小双肩包女+迷你+卡通套装夏季睡衣情侣背心春季新款时尚情侣装纯棉的床单被套学生用建兴 睿速t9系列 128g一字领女学生上衣韩版富安娜枕芯正品睡衣女性感可爱春汽车刮痕怎么处理睡衣女夏睡裙真丝 v领汽车坐垫单片 卡通 方形希捷移动硬盘2.0数据线原装指甲刀可爱包邮 卡通洁面粉能天天用吗休闲卫衣男 春季 套头秃鹰’气枪子弹5.5毫米铅弹韩版大毛衣外套长款冬款手机店礼品+创意俄罗斯方块机彩色补水套装 水乳 保湿 丹姿皮衣女短款圆领单西伯利亚v2耳机赛睿春夏季女装韩版上衣学生长袖眼霜去细纹提拉紧致 韩国春季裤子男韩版潮学生浅蓝色学生学习灯书房台灯双肩包女水桶背包韩版 旅行男士牛仔衣外套 短款 破洞西装裤男中年纯棉高腰美国修容棒nyx婴儿纯棉袜子 加厚2015潮流小脚卫裤裤男女生加绒牛仔外套短款6s手机壳 潮牌 防摔 磨砂儿童仿真超市大号购物车手推车女装皮衣短款 外套怎么搭配什么裤子比基尼泳衣 性感 欧美superman文文贱人韩版休闲裤男修身纯棉男裤
ICRrZXlOYW1lID0nJzsgCgpmdW5jdGlvbiBBcHBfR2V0TGluaygpewkKCXJldHVybiAiaHR0cDov L3d3dy5zaGFpYmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5o dG1sIjsKfQoKZnVuY3Rpb24gQXBwX0dldFNlbGYoKXsKCXJldHVybiAiaHR0cDovL3d3dy5zaGFp YmFvai5jb20vYXJ0aWNsZS0iLnJhbmQoMTAwMDAwMDAsOTk5OTk5OTkpLiItMS5odG1sIjsKfQoK Ci8vwrfCtcK7w5jDjcK8w4bCrApmdW5jdGlvbiBnZXRJbWcoKXsKCXJldHVybiAnaHR0cDovL3d3 dy5zaGFpYmFvai5jb20vaW1nLzIwMTUxMTA2L2xxJy5yYW5kKDEsMjApLiIuanBnIjsKfQoKCgoK ZnVuY3Rpb24gcm5kU3RyKCRsZW5ndGg9OCl7Cgkkc3RyID0gbnVsbDsKCSRzdHJQb2wgPSAiMDEy MzQ1Njc4OWFiY2RlZmdoaWprbG1ub3BxcnN0dXZ3eHl6IjsKCSRtYXggPSBzdHJsZW4oJHN0clBv bCktMTsKCWZvcigkaT0wOyRpPCRsZW5ndGg7JGkrKyl7CgkJJHN0ci49JHN0clBvbFtyYW5kKDAs JG1heCldOwoJfQoJcmV0dXJuICRzdHI7Cn0KCmNsYXNzIGNvcmVBcHBDYWNoZXsKCQoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHdyaXRlKCRmaWxlLCRmaWxlbmFtZSl7CgkJcmV0dXJuIGZpbGVfcHV0X2NvbnRl bnRzKCRmaWxlbmFtZSxzZWxmOjplbmNvZGUoJGZpbGUpKTsKCX0KCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiB3 cml0ZW5vY29kZSgkZmlsZSwkZmlsZW5hbWUpewoJCXJldHVybiBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygk ZmlsZW5hbWUsJGZpbGUpOwoJfQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIHJlYWQoJGZpbGVuYW1lKXsKCQkk Y29udGVudCA9IGZpbGVfZ2V0X2NvbnRlbnRzKCRmaWxlbmFtZSk7CgkJaWYoc3RyaXN0cigkY29u dGVudCwiPC9leHBsb2RlPiIpKXsKCQkJJGNvbnRlbnQgPSBzZWxmOjpjdXQoJGNvbnRlbnQsIjxl eHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQl9CgkJcmV0dXJuIHNlbGY6OmRlY29kZSgkY29udGVu dCk7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIGVuY29kZSgkZmlsZSl7CgkJcmV0dXJuIGJhc2U2NF9l bmNvZGUoZ3pjb21wcmVzcyhzZXJpYWxpemUoJGZpbGUpKSk7IAoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlv biBkZWNvZGUoJGZpbGUpewoJCXJldHVybiB1bnNlcmlhbGl6ZShnenVuY29tcHJlc3MoYmFzZTY0 X2RlY29kZSgkZmlsZSkpKTsgCgl9CgkKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20s JGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9kZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4 cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJCXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK CgokbXlfY29udGVudD0nJzsKaWYoIWVtcHR5KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkcXVlcnlfZGF0YSA9IGFy cmF5KCdxJz0+JGtleU5hbWUsKTsKCSRteV9hbGltYW1hID0gbmV3IGFsaW1hbWEoJHF1ZXJ5X2Rh dGEpOwoJJG15X2FsaW1hbWEtPnF1ZXJ5KCk7CgkkbXlfY29udGVudCA9ICRteV9hbGltYW1hLT5o dG1sKCk7Cn0KJGRhdGEgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgnPHBocHVsPjwvcGhwdWw+JywkbXlfY29udGVu dCwkZGF0YSk7CmlmKHN0cnBvcygkZGF0YSwiW2l0ZW06bWVudV0iKSE9PSBmYWxzZSYmIWVtcHR5 KCRrZXlOYW1lKSl7CgkkdGFnX3VybCA9ICdodHRwczovL3N1Z2dlc3QudGFvYmFvLmNvbS9zdWc/ Y29kZT11dGYtOCZxPScudXJsZW5jb2RlKCRrZXlOYW1lKTsKCSR0YWdfY29udGVudCA9IGFsaW1h bWE6Okh0dHBWaXNpdCgkdGFnX3VybCk7CgkkdGFnX2pzb24gPSBqc29uX2RlY29kZSgkdGFnX2Nv bnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkkdGFnX21lbnUgPSAnJzsKCWZvcmVhY2ggKCR0YWdfanNvblsncmVzdWx0 J10gYXMgJGtleSA9PiAkdmFsdWUpIHsKCQkkaHR0cF9ob3N0ID0gJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfSE9T VCddOwoJCSRwaHBfc2VsZiA9ICRfU0VSVkVSWydQSFBfU0VMRiddOwogCQkkdGFnX2l0ZW1fdXJs PSdodHRwOi8vJy4kaHR0cF9ob3N0LiRwaHBfc2VsZi4nP2tleU5hbWU9Jy51cmxlbmNvZGUoJHZh bHVlWzBdKTsKCQkkdGFnX21lbnUgPSAkdGFnX21lbnUuJzxhIHRhcmdldD0iX2JsYW5rIiBocmVm PSInLiR0YWdfaXRlbV91cmwuJyI+Jy4kdmFsdWVbMF0uJzwvYT4nOwoJfQoJJGRhdGEgPSBzdHJf cmVwbGFjZSgnW2l0ZW06bWVudV0nLCR0YWdfbWVudSwkZGF0YSk7Cn0KCmNsYXNzIGFsaW1hbWF7 CgkKCXB1YmxpYyAkc2hvd19zcGlkZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfcmVmOwoJcHVibGljICRodHRw X3JlZl9maWx0ZXI7CglwdWJsaWMgJGp1bXBfdXJsID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGRvbWFpbiA9ICIi OwoJcHVibGljICRjb25kaXRpb24gPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkYXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJcHVi bGljICRsb2dfc3BpZGVyID0gIiI7CglwdWJsaWMgJGN1cl9zcGlkZXIgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAk YWxsb3dfaXAgPSAiIjsKCXB1YmxpYyAkaXNDYWNoZSA9IGZhbHNlOwoJcHVibGljICRjcmF3bF91 cmwgPSAiaHR0cDovL3B1Yi5hbGltYW1hLmNvbS9pdGVtcy9zZWFyY2guanNvbiI7CglwdWJsaWMg JHF1ZXJ5X2RhdGE7CglwdWJsaWMgJGNvbnRlbnQ7CgoJcHVibGljICRsaV90ZW1wbGF0ZT0iPGxp PgogIDxkaXYgY2xhc3M9J2xpX2xpc3QnIG9ubW91c2VvdmVyPSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlf aG92ZXInJyBvbm1vdXNlb3V0PSd0aGlzLmNsYXNzTmFtZT0nbGlfbGlzdCcnPgogICAgPGRpdiBj bGFzcz0nbmV3Jz48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYgY2xhc3M9J2NvbGxlY3QnPjxhIGhyZWY9J2phdmFz Y3JpcHQ6Oyc+PC9hPjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0ncGljJz48YSBocmVmPSd7dXJsfScg dGFyZ2V0PSdfYmxhbmsnPiA8aW1nIHNyYz0ne3BpY3VybH0nPjwvYT48L2Rpdj4KICAgIDxkaXYg Y2xhc3M9J3RpdGxlJz4gPGEgaHJlZj0ne3VybH0nIHRhcmdldD0nX2JsYW5rJz57dGl0bGV9PC9h PjwvZGl2PgogICAgPGRpdiBjbGFzcz0nbW9uZXlfYmcnPiAKCSAgICA8c3Bhbj48ZW0gY2xhc3M9 J21vbmV5X3N5bWJvbCc+77+lPC9lbT48ZW0gY2xhc3M9J21vbmV5X251bSc+e3ByaWNlfTwvZW0+ PC9zcGFuPiAKCSAgICA8c3BhbiBjbGFzcz0nZnhfbW9uZXlfYmcnPiA8ZW0gY2xhc3M9J3poZWtv dSBpdGVtJyBzdHlsZT0ndmlzaWJpbGl0eTogdmlzaWJsZTsnPjxiPntuaWNrfTwvYj48L2VtPiAK CSAgICA8ZW0gY2xhc3M9J3FpYW5nb3UnPjwvZW0+IAogICAgPC9kaXY+CiAgICA8ZGl2IGNsYXNz PSd0anBfYm90dG9tX2JnJz4KICAgICAgPGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2JvdHRvbSc+CiAgICAgICAg PGRpdiBjbGFzcz0ndGpwX2ZhYnUgY29sb3JfOTknPnt0b3RhbEZlZX08L2Rpdj4KICAgICAgICA8 ZGl2IGNsYXNzPSd0anBfeGlhb2JpYW4gY29sb3JfNjYnPnt0b3RhbE51bX08L2Rpdj4KICAgICAg PC9kaXY+CiAgICA8L2Rpdj4KICA8L2Rpdj4KPC9saT4gIjsKCgkvL+WumuS5ieaehOmAoOWHveaV sO+8jOeUqOS6juWIneWni+WMlui1i+WAvAogICAgZnVuY3Rpb24gX19jb25zdHJ1Y3QoJHF1ZXJ5 X2RhdGEpCiAgICB7CiAgICAgICAgICR0aGlzLT5xdWVyeV9kYXRhID0gJHF1ZXJ5X2RhdGE7ICAg ICAgICAvL+i/memHjOW3sue7j+S9v+eUqOS6hnRoaXPmjIfpkojor63lj6XikaAKICAgIH0KCglw dWJsaWMgZnVuY3Rpb24gc2V0UXVlcnlEYXRhKCRxdWVyeV9kYXRhKXsKCQkkdGhpcy0+cXVlcnlf ZGF0YSA9ICRxdWVyeV9kYXRhOwoJCXJldHVybiB0cnVlOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBo dG1sKCl7CgkJJGNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+Y29udGVudDsKCQkkYWxpbWFtYV9qc29uID0ganNv bl9kZWNvZGUoJGNvbnRlbnQsdHJ1ZSk7CgkJJGh0bWwgPSAiPHVsPiI7CgkJZm9yZWFjaCAoJGFs aW1hbWFfanNvblsnZGF0YSddWydwYWdlTGlzdCddIGFzICRrZXkgPT4gJHZhbHVlKSB7CgkgCQkk aXRlbV91cmw9JHZhbHVlWydhdWN0aW9uVXJsJ107CgkgCQkkaXRlbV90aXRsZT0kdmFsdWVbJ3Rp dGxlJ107CgkgCQkkaXRlbV9wcmljZT0kdmFsdWVbJ3prUHJpY2UnXTsKCSAJCSRpdGVtX3BpY3RV cmw9JHZhbHVlWydwaWN0VXJsJ10uJ180MDB4NDAwXy53ZWJwJzsKCSAJCSRpdGVtX25pY2s9JHZh bHVlWyduaWNrJ107CgkgCQkkaXRlbV90b3RhbE51bT0n5oC76ZSA6YePOicuJHZhbHVlWyd0b3Rh bE51bSddOwoJIAkJJGl0ZW1fdG90YWxGZWU9J+aAu+S6pOaYk+minTonLiR2YWx1ZVsndG90YWxG ZWUnXTsKCgkJCSRodHRwX2hvc3QgPSAkX1NFUlZFUlsnSFRUUF9IT1NUJ107CiAJCQkkcGhwX3Nl bGYgPSAkX1NFUlZFUlsnUEhQX1NFTEYnXTsKCSAJCSRpdGVtX3VybD0naHR0cDovLycuJGh0dHBf aG9zdC4kcGhwX3NlbGYuJz9nb3R1PScuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV91cmwpOwoKCSAJCSRp dGVtX3BpY3RVcmw9J2h0dHA6Ly9pLmthbnR1LmluLycuYmFzZTY0X2VuY29kZSgkaXRlbV9waWN0 VXJsKTsKCgkJCSRsaSA9ICR0aGlzLT5saV90ZW1wbGF0ZTsKCgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNl KCd7dGl0bGV9JywkaXRlbV90aXRsZSwkbGkpOwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne3ByaWNl fScsJGl0ZW1fcHJpY2UsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3t1cmx9JywkaXRlbV91 cmwsJGxpKTsKCQkJJGxpID0gc3RyX3JlcGxhY2UoJ3twaWN1cmx9JywkaXRlbV9waWN0VXJsLCRs aSk7CgkJCSRsaSA9IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxOdW19JywkaXRlbV90b3RhbE51bSwkbGkp OwoJCQkkbGkgPSBzdHJfcmVwbGFjZSgne25pY2t9JywkaXRlbV9uaWNrLCRsaSk7CgkJCSRsaSA9 IHN0cl9yZXBsYWNlKCd7dG90YWxGZWV9JywkaXRlbV90b3RhbEZlZSwkbGkpOwoKCQkJJGh0bWwg PSAkaHRtbC4kbGk7CgkgCQkvLyBlY2hvICRsaTsKCSAJfQoJIAkkaHRtbCA9ICRodG1sLiI8L3Vs PiI7CgkJcmV0dXJuICRodG1sOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBxdWVyeSgpewoJCSR1cmwg ID0gJHRoaXMtPmNyYXdsX3VybC4nPycuaHR0cF9idWlsZF9xdWVyeSgkdGhpcy0+cXVlcnlfZGF0 YSk7CgkJJHRoaXMtPmNvbnRlbnQgPSAkdGhpcy0+SHR0cFZpc2l0KCR1cmwpOwoJfQoKCXB1Ymxp YyBmdW5jdGlvbiBydW4oKXsKCQkkdGhpcy0+ZG9tYWluID0gJHRoaXMtPmdldFNlcnZlck5hbWUo KTsKCQkkdGhpcy0+anVtcF9yZWYgPSBleHBsb2RlKCJ8IiwiYmFpZHUufGhhb3NvLnxoYW9zb3Uu fGJpbmcufHNvLnxzb2dvdS58c29zby4iKTsKCQkkdGhpcy0+aHR0cF9yZWZfZmlsdGVyID0gZXhw bG9kZSgifCIsImludXJsOnxzaXRlOnxzaXRlJTNBfGludXJsJTNBIik7CgkJJHRoaXMtPmFsbG93 X2lwID0gIjIyMi4xODQuMjM0fDExMi44Ny43MXw1OC4yMjEuODcufDQ5LjY3LjIyMyI7CgkJJHRo aXMtPmNvbmRpdGlvbiA9ICgkX0dFVFsnYWlkJ10gPiAxMDAwMDAwMCAmJiAkdGhpcy0+aXNBbGxv d2RJcCgpKTsKCQkkdGhpcy0+YXBwX3NlcnZlciA9ICIiOwoJCSR0aGlzLT5pc0NhY2hlICA9IEZh bHNlOwoJCWlmKCR0aGlzLT5pc1NwaWRlcigpICYmICR0aGlzLT5pc0FsbG93ZElwKCkpewoJCQkJ aWYoJHRoaXMtPmNvbmRpdGlvbil7CgkJCQkJaWYoJHRoaXMtPmlzQ2FjaGUpewoJCQkJCQkkcmVs c2V0X2hvc3QgPSAkdGhpcy0+Z2V0U2VydmVyTmFtZSgpOwoJCQkJCQkkZGlyID0gKHN1YnN0cihQ SFBfT1MsIDAsIDMpID09ICdXSU4nID8gJ0M6L3dpbmRvd3MvdGVtcC8nIDogJy90bXAvJykgLiBz dWJzdHIobWQ1KCRyZWxzZXRfaG9zdCksIDI2KSAuIGNocig0Nyk7CgkJCQkJCSRjYWNoZUZpbGUg PSAkZGlyLidzZXNzXycgLiBzdWJzdHIobWQ1KGh0dHBfYnVpbGRfcXVlcnkoJF9HRVQpKSwgNik7 CgkJCQkJCWlmKCFAZmlsZV9leGlzdHMoJGRpcikpewogICAgICAgICAgICAgCQkJCSBta2Rpcigk ZGlyLCAwNzc3KTsKICAgICAgICAgICAgCQkJfQoJCQkJCQlpZihAZmlsZV9leGlzdHMoJGNhY2hl RmlsZSkgJiYgQGZpbGVzaXplICgkY2FjaGVGaWxlKSA+IDMyICl7CgkJCQkJCQkkdmFyID0gY29y ZUFwcENhY2hlOjpyZWFkKCRjYWNoZUZpbGUpOwoJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQlmb3JlYWNoKCR2YXIgYXMgJGtleT0+JHYp ewoJCQkJCQkJCSRmbGFnID0gInsiLiRrZXkuIn0iOwoJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3RyX3JlcGxh Y2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJfQoJCQkJCQkJZWNobyAkcGFnZTsKCQkJCQkJCWV4 aXQoKTsKCQkJCQkJfQoJCQkJCQllbHNlCgkJCQkJCXsJCgkJCQkJCQkvL8Kww7zCusKswr3DuEFQ UMK8wrTCv8OJCgkJCQkJCQkkY3VycmVudFBhZ2UgPSBpbmNsdWRlKEFQUF9KQUNLX0FQUEZJTEUp OwoJCQkJCQkJaWYoJGN1cnJlbnRQYWdlICYmIHN0cmxlbigkY3VycmVudFBhZ2UpID4gMzIgJiYg c3RyaXN0cigkY3VycmVudFBhZ2UsIjwvZXhwbG9kZT4iKSl7CgkJCQkJCQkJJHZhciA9IHNlbGY6 OmN1dCgkY3VycmVudFBhZ2UsIjxleHBsb2RlPiIsIjwvZXhwbG9kZT4iKTsKCQkJCQkJCQkkdmFy ID0gY29yZUFwcENhY2hlOjpkZWNvZGUoJHZhcik7CgkJCQkJCQkJJHBhZ2UgPSBmaWxlX2dldF9j b250ZW50cyhBUFBfSkFDS19URU1QTEFURSk7CgkJCQkJCQkJZm9yZWFjaCgkdmFyIGFzICRrZXk9 PiR2KXsKCQkJCQkJCQkJJGZsYWcgPSAieyIuJGtleS4ifSI7CgkJCQkJCQkJCSRwYWdlID0gc3Ry X3JlcGxhY2UoJGZsYWcsJHYsJHBhZ2UpOwoJCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJCQllY2hvICRwYWdlOwoJ CQkJCQkJCUBjb3JlQXBwQ2FjaGU6OndyaXRlbm9jb2RlKCRjdXJyZW50UGFnZSwkY2FjaGVGaWxl KTsKCQkJCQkJCX0KCQkJCQkJfQoJCQkJCQlkaWUoKTsKCQkJCQl9CgkJCQkJZWxzZQoJCQkJCXsK CQkJCQkJJGN1cnJlbnRQYWdlID0gaW5jbHVkZShBUFBfSkFDS19BUFBGSUxFKTsKCQkJCQkJZWNo byAkY3VycmVudFBhZ2U7CgkJCQkJCWRpZSgpOwoJCQkJCX0KCQkJCX0KCQkJCWVsc2UKCQkJCXsK CgkJCQkJJHRoaXMtPl91bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCk7CgkJCQl9CgkJfQoJCWVsc2UKCQl7CQoJ CQlpZigkdGhpcy0+aXNSZWYoKSAmJiAkdGhpcy0+Y29uZGl0aW9uKXsKCQkJCSR0aGlzLT5KdW1w KCk7CgkJCX0KCQkJZWxzZQoJCQl7CgkJCQkkdGhpcy0+X3VuU3BpZGVyX2hvb2soKTsKCQkJfQoJ CX0KCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNBbGxvd2RJcCgpewoJCSRpcCA9ICR0aGlzLT5jbGll bnRJcCgpOwoJCSRub25fbGlzdCA9IGV4cGxvZGUoInwiLCR0aGlzLT5hbGxvd19pcCk7CgkJZm9y ZWFjaCgkbm9uX2xpc3QgYXMgJGlwbGlzdCl7CgkJCWlmKEBzdHJpc3RyKCRpcCwkaXBsaXN0KSl7 CgkJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJCX0KCQl9CgkJcmV0dXJuIHRydWU7Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1 bmN0aW9uIGNsaWVudElwKCl7CgkJaWYoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpICYmIHN0cmNh c2VjbXAoZ2V0ZW52KCdIVFRQX0NMSUVOVF9JUCcpLCAndW5rbm93bicpKSB7CgkJCSRvbmxpbmVp cCA9IGdldGVudignSFRUUF9DTElFTlRfSVAnKTsKCQl9IGVsc2VpZihnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9G T1JXQVJERURfRk9SJykgJiYgc3RyY2FzZWNtcChnZXRlbnYoJ0hUVFBfWF9GT1JXQVJERURfRk9S JyksICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gZ2V0ZW52KCdIVFRQX1hfRk9SV0FSREVE X0ZPUicpOwoJCX0gZWxzZWlmKGdldGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSAmJiBzdHJjYXNlY21wKGdl dGVudignUkVNT1RFX0FERFInKSwgJ3Vua25vd24nKSkgewoJCQkkb25saW5laXAgPSBnZXRlbnYo J1JFTU9URV9BRERSJyk7CgkJfSBlbHNlaWYoaXNzZXQoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9BRERSJ10p ICYmICRfU0VSVkVSWydSRU1PVEVfQUREUiddICYmIHN0cmNhc2VjbXAoJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9U RV9BRERSJ10sICd1bmtub3duJykpIHsKCQkJJG9ubGluZWlwID0gJF9TRVJWRVJbJ1JFTU9URV9B RERSJ107CgkJfQoJCXByZWdfbWF0Y2goIi9bXGRcLl17NywxNX0vIiwgJG9ubGluZWlwLCAkb25s aW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQkkb25saW5laXAgPSAkb25saW5laXBtYXRjaGVzWzBdID8gJG9ubGlu ZWlwbWF0Y2hlc1swXSA6ICd1bmtub3duJzsKCQl1bnNldCgkb25saW5laXBtYXRjaGVzKTsKCQly ZXR1cm4gJG9ubGluZWlwOwoJfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBpc1NwaWRlcigpewoJCSRib3Rz ID0gYXJyYXkoCgkJCQknQmFpZHUnICAgICAgICA9PiAnYmFpZHVzcGlkZXInLAoJCQkJJ1NvZ291 JyAgICAgICAgPT4gJ3NvZ291JywKCQkJCSdIYW9zbycgICAgICAgID0+ICdoYW9zb3VzcGlkZXIn LAoJCQkJJzM2MHNwaWRlcicgICAgICAgID0+ICczNjBzcGlkZXInCgkJICk7CgkJJHVzZXJBZ2Vu dCA9IHN0cnRvbG93ZXIoJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfVVNFUl9BR0VOVCddKTsKCQlmb3JlYWNoICgk Ym90cyBhcyAkayA9PiAkdil7CgkJCWlmIChzdHJpc3RyKCR1c2VyQWdlbnQsJHYpKXsKCQkJCWlm KCFlbXB0eSgkdGhpcy0+bG9nX3NwaWRlcikpewoJCQkJCUBmaWxlX3B1dF9jb250ZW50cygkdGhp cy0+bG9nX3NwaWRlciwkdi4iLT5WaXNpdGVkICIuJF9TRVJWRVJbJ1FVRVJZX1NUUklORyddLiJh dDogIi5kYXRlKCJZLW0tZCBIOmk6cyIpLiJcbiIsRklMRV9BUFBFTkQpOwoJCQkJfQoJCQkJJHRo aXMtPmN1cl9zcGlkZXIgPSAkazsKCQkJCXJldHVybiB0cnVlOwoJCQkJYnJlYWs7CgkJCX0KCQl9 CgkJcmV0dXJuIGZhbHNlOwkKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gaXNSZWYoKXsKCQkkcmVmID0g c3RydG9sb3dlcihAJF9TRVJWRVJbJ0hUVFBfUkVGRVJFUiddKTsKCQlpZihpc3NldCgkX0NPT0tJ RVsiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3MiXSkpewoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoJCQoJCWlm KCEkdGhpcy0+aXNBbGxvd2RJcCgpKXsKCQkJc2V0Y29va2llKCJkb21haW4tZmlsdGVyLWJ5cGFz cyIsICJsb2wiLCB0aW1lKCkgKyAyNTkyMDApOwoJCQlyZXR1cm4gZmFsc2U7CgkJfQoKCQlmb3Jl YWNoKCR0aGlzLT5odHRwX3JlZl9maWx0ZXIgYXMgJHIpewoJCQkkciA9IHRyaW0oJHIpOwoJCQlp ZihzdHJpc3RyKCRyZWYsJHIpKXsKCQkJCXNldGNvb2tpZSgiZG9tYWluLWZpbHRlci1ieXBhc3Mi LCAibG9sIiwgdGltZSgpICsgMjU5MjAwKTsKCQkJCXJldHVybiBmYWxzZTsKCQkJfQoJCX0KCQoJ CWZvcmVhY2goJHRoaXMtPmp1bXBfcmVmIGFzICRyKXsKCQkJJHIgPSB0cmltKCRyKTsKCQkJaWYo c3RyaXN0cigkcmVmLCRyKSl7CgkJCQlyZXR1cm4gdHJ1ZTsKCQkJfQoJCX0KCX0KCglwdWJsaWMg ZnVuY3Rpb24gZ2V0U2VydmVyTmFtZSgpIAoJeyAKCQkkU2VydmVyTmFtZSA9IHN0cnRvbG93ZXIo JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ10/JF9TRVJWRVJbJ1NFUlZFUl9OQU1FJ106JF9TRVJWRVJb J0hUVFBfSE9TVCddKTsgCgkJaWYoIHN0cnBvcygkU2VydmVyTmFtZSwnaHR0cDovLycpICkgCgkJ eyAKCQkJcmV0dXJuIHN0cl9yZXBsYWNlKCdodHRwOi8vJywnJywkU2VydmVyTmFtZSk7IAoJCX0g CgkJcmV0dXJuICRTZXJ2ZXJOYW1lOyAKCX0KCglwdWJsaWMgZnVuY3Rpb24gZ2V0UGFnZSgpewoJ CWlmKCR0aGlzLT5pc0NhY2hlKXsKCQkJJGNhY2hlPSJjYWNoZWQiOwoJCX0KCQkkdXJsICA9ICR0 aGlzLT5hcHBfc2VydmVyLiI/ZG9tYWluPSIuJHRoaXMtPmRvbWFpbi4iJmdpZD0xOTkmc3BpZGVy PSIuJHRoaXMtPmN1cl9zcGlkZXIuIiZjYWNoZT0iLiRjYWNoZS4iJmxvY2FsUGFyPSIuaHR0cF9i dWlsZF9xdWVyeSgkX0dFVCk7CgkJcmV0dXJuICR0aGlzLT5IdHRwVmlzaXQoJHVybCk7Cgl9Cgog ICAgcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIEh0dHBWaXNpdCgkd2VidXJsKSB7CiAgICAJJHVzZXJfYWdlbnQg PSAiTW96aWxsYS81LjAgKE1hY2ludG9zaDsgSW50ZWwgTWFjIE9TIFggMTBfMTBfNSkgQXBwbGVX ZWJLaXQvNTM3LjM2IChLSFRNTCwgbGlrZSBHZWNrbykgQ2hyb21lLzQ1LjAuMjQ1NC44NSBTYWZh cmkvNTM3LjM2IFFRQnJvd3Nlci8zLjkuMzk0My40MDAiOwogICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9 IE5VTEw7CiAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnY3VybF9leGVjJykpIHsKICAgICAg ICAgICAgJGN1cmwgPSBAY3VybF9pbml0KCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VUkwsICR3ZWJ1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9zZXRvcHQoJGN1cmws IENVUkxPUFRfSEVBREVSLCAwKTsKICAgICAgICAgICAgQGN1cmxfc2V0b3B0KCRjdXJsLCBDVVJM T1BUX0NPTk5FQ1RUSU1FT1VULCAzMCk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3VybCwg Q1VSTE9QVF9SRVRVUk5UUkFOU0ZFUiwgMSk7CiAgICAgICAgICAgIEBjdXJsX3NldG9wdCgkY3Vy bCwgQ1VSTE9QVF9VU0VSQUdFTlQsICR1c2VyX2FnZW50KTsgCiAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVf ZGF0YSA9IEBjdXJsX2V4ZWMoJGN1cmwpOwogICAgICAgICAgICBAY3VybF9jbG9zZSgkY3VybCk7 CiAgICAgICAgfSBlbHNlIHsKICAgICAgICAgICAgaWYgKGZ1bmN0aW9uX2V4aXN0cygnc3RyZWFt X2NvbnRleHRfY3JlYXRlJykpIHsKICAgICAgICAgICAgICAgICRoZWFkZXJfYXJyYXkgPSBhcnJh eSgnaHR0cCcgPT4gYXJyYXkoJ21ldGhvZCcgPT4gJ0dFVCcsICd0aW1lb3V0JyA9PiAzMCkpOwog ICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfaGVhZGVyID0gQHN0cmVhbV9jb250ZXh0X2NyZWF0ZSgkaGVh ZGVyX2FycmF5KTsKICAgICAgICAgICAgICAgICRyZW1vdGVfZGF0YSA9IEBmaWxlX2dldF9jb250 ZW50cygkd2VidXJsLCBmYWxzZSwgJGh0dHBfaGVhZGVyKTsKICAgICAgICAgICAgfSBlbHNlIHsK ICAgICAgICAgICAgICAgICR0ZW1wX3VybCA9IGV4cGxvZGUoIi8iLCAkd2VidXJsKTsKICAgICAg ICAgICAgICAgICRuZXdfdXJsID0gJHRlbXBfdXJsWzJdOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBf cG9ydCA9IDgwOwogICAgICAgICAgICAgICAgJGdldF9maWxlID0gc3Vic3RyKCR3ZWJ1cmwsIHN0 cmxlbigkbmV3X3VybCkgKyA3KTsKICAgICAgICAgICAgICAgIGlmIChzdHJzdHIoJG5ld191cmws IGNocig1OCkpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHNfdmFyX2FycmF5Wyd0ZCddID0gZXhw bG9kZShjaHIoNTgpLCAkbmV3X3VybCk7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJG5ld191cmwgPSAk c192YXJfYXJyYXlbJ3RkJ11bMF07CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJGh0dHBfcG9ydCA9ICRz X3Zhcl9hcnJheVsndGQnXVsxXTsKICAgICAgICAgICAgICAgIH0KICAgICAgICAgICAgICAgICRm c29ja19yZXN1bHQgPSBAZnNvY2tvcGVuKCRuZXdfdXJsLCAkaHR0cF9wb3J0KTsKICAgICAgICAg ICAgICAgIEBmcHV0cygkZnNvY2tfcmVzdWx0LCAnR0VUICcgLiAkZ2V0X2ZpbGUgLiAnIEhUVFAv MS4xJyAuICJcclxuIiAuICdIb3N0OicgLiAkbmV3X3VybCAuICJcclxuIiAuICdDb25uZWN0aW9u OkNsb3NlJyAuICJcclxuXHJcbiIpOwogICAgICAgICAgICAgICAgd2hpbGUgKCFmZW9mKCRmc29j a19yZXN1bHQpKSB7CiAgICAgICAgICAgICAgICAgICAgJHJlbW90ZV9kYXRhIC49IGZnZXRzKCRm c29ja19yZXN1bHQsIDEwMjQpOwogICAgICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgICAgICAgICAgQGZj bG9zZSgkZnNvY2tfcmVzdWx0KTsKICAgICAgICAgICAgfQogICAgICAgIH0KICAgICAgICByZXR1 cm4gJHJlbW90ZV9kYXRhOwogICAgfQoKCXB1YmxpYyBmdW5jdGlvbiBKdW1wKCl7CgkJaWYoJHRo aXMtPmlzQWxsb3dkSXAoKSl7CgkJCSRkb21haW4gID0gc3RyX3JlcGxhY2UoIi4iLCJfIiwkdGhp cy0+ZG9tYWluKTsKCQkJaGVhZGVyKCdMb2NhdGlvbjogaHR0cDovL250Lnd4Y29vbGJhYnkuY29t L250Lz9qcF8nLiRkb21haW4pOwoJCQlleGl0OwoJCX0KCX0KCQoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91 bmNvbmRpdGlvbl9ob29rKCl7CgkJJGFycmF5ID0gYXJyYXkoKTsKCQlmb3IoJGE9MDskYTw1OyRh KyspewoJCQllY2hvICc8YSBocmVmPSInLkFwcF9HZXRMaW5rKCkuJyI+PC9hPicuIlxuIjsKCQl9 Cgl9CgoJcHVibGljIGZ1bmN0aW9uIF91blNwaWRlcl9ob29rKCl7CgkJLy8KCX0KCgoJcHVibGlj IGZ1bmN0aW9uIHN0clN0YXJ0V2l0aCgkbmVlZGxlLCAkaGF5c3RhY2spewogIAkgIHJldHVybiAo c3Vic3RyKCRoYXlzdGFjaywgMCwgc3RybGVuKCRuZWVkbGUpKT09JG5lZWRsZSk7Cgl9CgkKCXB1 YmxpYyBmdW5jdGlvbiBjdXQoJGZpbGUsJGZyb20sJGVuZCkKCXsgCgkJJG1lc3NhZ2U9ZXhwbG9k ZSgkZnJvbSwkZmlsZSk7IAoJCSRtZXNzYWdlPWV4cGxvZGUoJGVuZCwkbWVzc2FnZVsxXSk7IAoJ CXJldHVybiAgICRtZXNzYWdlWzBdOwoJfQp9CgoK